新商品

2018/07/03

乳がんと家族の奮闘記を描いた「ちびといつまでも」が書籍化!

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

乳がんと家族の奮闘記を描いた「ちびといつまでも」が書籍化!

乳癌を患ったママと家族の奮闘記

乳がんを患った女性の闘病生活とその家族の奮闘記を描いた4コママンガ「ちびといつまでも」が書籍化されました。

「ちびといつまでも」は「ライブドアブログ OF THE YEAR 2017」を受賞した4コママンガで、乳がんが発覚した3人の子どもを持つママと主夫の大奮闘をリアルに描いた作品です。

著者はイラストレーターでこの漫画に出てくるパパの柏原昇店で、今回書籍化されるにあたって、日本乳癌学会乳腺専門医の濱岡剛さんが監修にあたり、本書オリジナルの解説ページが追加されています。

「ちびといつまでも」の著者は旦那さん

「ちびといつまでも」の著者は書籍内でも登場する旦那さんの柏原昇店です。

柏原氏は漫画も手がけるイラストレーター&ブロガーで、書籍内ではパパンとして登場しています。

「ちびといつまでも」の内容

「ちびといつまでも」の大まかな内容は以下のようになります。

  • ・しこり発見
  • ・がん告知
  • ・転院
  • ・抗がん剤治療1種類目
  • ・抗がん剤治療2種類目
  • ・放射線治療
  • ・ホルモン療法
  • ・その後の経過

全体的な雰囲気はコメディタッチでありながらも、がんと向き合う家族の真摯な姿勢もきちんと描かれています。また、医師の監修も付いているので、イラスト付きでがんの問題点を学ぶこともできます。

定価は税抜き1,200円になります。

参考サイト

株式会社ジー・ビー プレスリリース(PRTIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加