調査・アンケート

2018/07/03

梅雨におこる「うっかり日焼け」肌のお手入れに関するアンケート

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

梅雨におこる「うっかり日焼け」肌のお手入れに関するアンケート

梅雨時季の肌トラブルのアンケート調査

敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」を展開する株式会社DECENCIAが、梅雨時季の肌のお手入れに関するアンケート調査を実施しました。

今回のアンケートでは、30代、40代の女性を中心に481名に実施しました。

梅雨に起こる「うっかり日焼け」

梅雨の時期は日光が出ている時間は少ないものの、紫外線量は真夏と変わりません。

しかし、アンケートを実施したところ、梅雨時季の曇りや雨の日に日焼け止めを使っている女性はわずか4割という結果になりました。

このように梅雨の時季は、「うっかり日焼け」をしている女性が多いということが分かっています。

「梅雨ストレス」がシミ・くすみの原因に

また、今回のアンケートでは9割以上の女性が「梅雨ストレス」を感じていると回答しました。

この「梅雨ストレス」は肌のハリを弱らせることが分かっており、紫外線を受けることで、シミ・くすみが発生するリスクが高まるということも判明しています。

そのため、梅雨の時季は紫外線対策は必須なのです。

梅雨の紫外線対策方法!

梅雨の気候のストレスケアには、雑穀米による栄養補給や、リラックスのための読書が良いとされています。

また、直接大事なお肌をケアするなら、サエル ホワイトニングケアシリーズがおすすめで、「うっかり日焼け」後のゆらいだ肌状態を整え、美白ケア成分がシミ・くすみを抑えてくれます。

サエル ホワイトニングケアシリーズは4種類あり、ローション(5,000円)、エッセンス(7,500円)、クリーム(5,500円)、CCクリーム(4,500円)が販売されています。

参考サイト

株式会社DECENCIA プレスリリース(PRTIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加