トイレトレーニング

2018/07/07

もうすぐ3歳なのにオムツが外れない…もしかして発達障害?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

もうすぐ3歳なのにオムツが外れない…もしかして発達障害?

トイレトレーニングに悩むママは少なくありません。今回はもうすぐ3歳なのにオムツが外れない子どもについての相談です。発達障害ではないかと悩むママに、専門家からはどんな回答が寄せられたでしょうか。

2歳児のママからの相談:「3歳になるのにオムツが外れない」

1歳の終わり頃からトイレトレーニングをしていますが、もうすぐ3歳なのに全く覚えられません。普通のパンツでもオムツと思ってそのまましてしまいます。3歳を前に全く出来ないのは発達障害でしょうか。ネットでは、2~3歳のうちに外れると書いてあり、オムツが外れないまま成長したらどうしようと不安です。(20代・女性)

オムツだけでは判断できない。言葉が理解できない・目が合わない等あれば病院へ

オムツが外れないことだけでは発達障害の判断は出来ないようです。大人の言葉が理解できない、目が合わない等の症状があれば小児科に行くのが良いとの意見がありました。

オムツの外れる時期が遅いだけでは発達障害と判断出来ません。トイレトレーニングの進み具合は、言葉の発達状態や本人の関心にも左右されます。言葉の発達が遅い子は意志表現が上手く出来ず、トイレを教えることが出来る時期も遅くなります。子ども自身がトイレに座ることに興味がなかったり、怖がる場合もトレーニングは遅くなります。(看護師)
私の娘ももうすぐ3歳ですが、オムツは外れていません。2~3歳はトイレトレーニングを開始する時期の目安です。開始時期や進み具合には個人差が大きいのでお母さんが焦らないことが大切です。(看護師)
トイレトレーニングは上手くいったりいかなかったりの繰り返しで、3歳で外せなくても発達障害とは限りません。オムツを外すには、自分の意思表示が出来る・2~3時間おしっこを溜められる・一人でトイレに行けるという条件が必要です。(看護師)
大人の話すことを理解できない・指示した行動が出来ない(物を取ってくる・ゴミを捨てる)・目が合わない等、気になることがあれば、発達障害の可能性も考え、小児科に相談しましょう。(看護師)

トイレを楽しく飾って興味が湧くような働きかけを。焦らず出来たらうんと褒めて

トイレに人形を置いたり、絵本や動画を見せてトイレに興味を持つように働きかけるのが良いようです。焦らず繰り返し試し、出来たらうんと褒めてあげるのが良いとのアドバイスが寄せられました。

3歳頃には、排泄・歯磨き・手洗い等の生活習慣に興味を示し、大人の真似をしたがります。動画や絵本、人形劇などでトイレに興味が湧くよう働きかけましょう。これまでと同じことでも月齢によって受け止め方や反応は異なるため、月齢や興味に合った方法で継続的に働きかけましょう。(看護師)
お子さんは尿意や便意を伝えてくれるでしょうか。おしっこやウンチが出た時に「おしっこ出たね~ウンチ出たね~」とお子さんが認識出来るようにして下さい。トイレはお子さんの好きな人形を置いたり明るく可愛くしましょう。お子さんがそわそわしたりお尻を気にしたり等のサインを見逃さず、タイミングよく誘導して下さい。失敗しても怒らず、上手くいったら大袈裟に褒めましょう。(看護師)

2~3歳はトイレトレーニングを始める目安のようです。月齢ごとに出来ることは違うため繰り返し試すのが良いとのアドバイスがありました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加