卒乳

いつまでもおっぱいを求め食が細い子ども、どうすれば?

おっぱいが大好きで、食事から栄養がなかなか摂れない2歳児について相談がありました。断乳に踏み切るのがよいのか、しっかり食べてもらうにはどうすればよいのか、という質問に対し、専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

2歳児のママからの相談:「2歳すぎてもおっぱいに固執し少食気味の子どもについて」

娘は大のおっぱいっこで、2歳すぎてもまだ時々おっぱいをせがんできます。そのため、どうしても食事に対しての関心が薄く非常に食が細いので痩せっぽちです。私の母乳もすでに栄養は無いはずですし、栄養はしっかり食事から取ってほしいのですがなかなかうまくいきません。完全に断乳をすれば食事をとるようになると保健師さんに言われましたが本当にそうなのでしょうか。このままでは成長が他の子よりも遅くなりそうでとても心配です。しっかり食べてもらうためのコツなどありましたらアドバイスをお願いいたします。(30代・女性)

焦らず食事が楽しくなるように工夫しよう

焦って無理に食べさせようとするのは逆効果と指摘がありました。可愛い盛り付けにしたり、子どもにも食事の準備にかかわらせたりすることで、楽しく食事に興味を持てるようにしてあげるとよいようです。
卒乳するには、食事が取れているかが大切です。お子さんが食事に興味をもつように、準備からお手伝いさせてはかがでしょうか?一緒に野菜を洗ったり、ハンバーグを丸めたり、2歳の子どももできることがあると思います。「○○ちゃんが洗った野菜美味しいね~」と褒めてあげれば喜んでお手伝いすると思いますし、自分が手伝った食事には興味をもつと思います。(看護師)
食事に興味が沸くように、好きなキャラクターの食器にする・盛り付けを可愛い形やキャラクターの形にする・一緒に食事の準備をしてみるなど工夫してみると良いでしょう。また、食べたときに褒めることがとても重要です。お母さんが「食べさせよう」とすると子どもはストレスを感じ、食事の時間が嫌になってしまいます。成長曲線が成長範囲内にあるのであれば、心配する必要はありません。(看護師)

おっぱいに安心感を求めている部分も

子どもにとってのおっぱいは、精神安定の役割もあることが指摘されています。無理に断乳するのではなく、おっぱい以外の方法で安心感を与えるようにしていくとよいようです。

ママのおっぱいを求めるのは、安心感を得る目的もあります。大人の都合で断乳するより、子どものペースに合わせた卒乳が理想的で、母子手帳からも断乳という言葉が消えました。時々せがむくらいでしたら、焦らなくてもよいかと思います。(看護師)
お子さんがおっぱいを求めてきたときは、抱きしめて話を聞いたり、思い切り甘えさせてあげてください。(看護師)

子どもに食事をとらせようと焦るのではなく、一緒に食事の準備をするなどして食事への興味を持たせ、楽しく食事できるようにすることが勧められています。また、おっぱいを通して安心感を求めている部分もあるため、愛情をたっぷり感じさせながら子どものペースで卒乳するのがベストだと指摘がありました。


2018/07/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)