調査・アンケート

創刊25周年!たまひよが「理想のパパランキング」を調査

たまひよが理想のパパランキングを調査

「たまごクラブ」「ひよこクラブ」の創刊25周年を記念して、株式会社ベネッセホールディングスが発行している妊娠・出産・育児ブランドの「たまひよ」が、25年振りに「理想のパパランキング」を発表しました。

たまひよは「Enjoy 1000 days」をスローガンに持ち、母親とその家族が前向きに子育てのスタートを楽しむために、妊娠・出産・育児などのコンテンツを提供するブランドです。

雑誌、書籍のほか、現在はWEBサービスや写真スタジオなどの事業も展開しています。

また、「たまひよ」は25周年を記念してロゴを変えたり、サッカーの長友選手のCM起用や妊娠から育児に関する応援キャンペーンなど精力的に広報活動を展開しています。

理想のパパランキング

近年、育児の喜びや辛さを一緒に体験しようと考えるパパも増えてきていることから、今回、改めて1993年のランキングと比較し、2018年版の「理想のパパランキング」が発表されました。

まず、1993年版の1位は中村雅俊さん、2位は藤井フミヤさん、3位は布施博さんという結果になっていました。

続いて、2018年版の1位はつるの剛士さんで、2位は藤本敏史さん、3位は井ノ原快彦さんという結果になっています。

1位につるの剛士さんが選ばれた理由は、SNS上で育児ライフを発信していることが、多くの方から支持を得ました。つるのさんは受賞に関して、「理想のパパに選んでいただいてうれしいです。実際のところは奥さんに聞いてください(笑)。中3から2歳まで子ども5人の子の育児休暇を取りましたが、第1子のとき、デパートでおむつ替えしているパパは、僕ぐらいで「かっこいいだろ」って思っていました。今、末っ子の時代になって、パパのおむつ替えしている姿や、抱っこひも姿が増えましたね。イクメンなんて言葉がいらなくなって、もっと当たり前になっていくといいなと思います」とコメントしました。

パパの家庭・育児参加は当たり前になっている

近年、男性の家庭・育児参加は当たり前となっております。アンケートでは25年前と比べるとママからパパへの評価は下がっている一方、パパの自己評価が上がっていることが判明しました。

この結果を「たまごクラブ」と「ひよこクラブ」の編集長は、共働きの増加でパパの家事参加と負担が増え、「パパもやって当たり前」という意識と時代の変化であると意見を述べています。

参考サイト

株式会社ベネッセホールディングス プレスリリース(PRTIMES)


2018/07/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部