発達障がい

お友達はお喋りできるのに…言葉が遅い2歳児、話せないのはなぜ?

同年代のお友達が上手にお喋りしていると、我が子の言葉の遅れが気になってしまうものです。今回は2歳の男の子についての相談です。言葉が遅く、教えようとすると嫌がり、以前は口にしていた言葉も話さなくなったといいます。やり方が悪いのかと悩むママですが、専門家からはどんなアドバイスが寄せられたでしょうか。

2歳児のママからの相談:「息子の言葉の遅れ」

同年代のお友達はもう二語文を話していて会話出来るのに、息子は未だに何を言っているかわかりません。以前は口にしていた「ママ」等の言葉も言わなくなり、心配しています。理解はしているようで「ジュース欲しい?」と聞くと、頭を振ったり頷いたりして意思表示し、欲しい物はジェスチャーで伝えてきます。言葉にしてほしくて教えようとすると嫌がって叫び出します。私のやり方が悪いのでしょうか。それとも病院に行った方が良いのでしょうか。(30代・女性)

個人差が大きい言葉の発達。女の子よりも男の子の方が遅い傾向あり

言葉の発達には個人差が大きいようです。特に男の子は女の子より遅いことが多いとの声もありました。

健診で発達について指摘されていなければもう少し様子を見て下さい。子どもの言葉の発達には幅があり、周りの子より遅れていると思っても、過ごす環境で瞬く間に覚える場合もあります。(看護師)
2歳の言葉の発達速度には個人差が大きく、性別差もあるといいます。女の子より男の子の方が言葉の発達が遅れるケースが多く、2歳前から2語文を話す子もいれば、2歳過ぎても単語をいくつかという子もいます。大人の言葉を理解した行動をとり、しっかり目が合い、身振り手振りでも表現しようとするなら心配はいりません。(看護師)

テレビや動画など見るだけ聞くだけは避けて。絵本などで話す機会を

テレビや動画ばかり見るのは避け、言葉を発信する機会を持つのが良いとのアドバイスもありました。

今は物事を「吸収」「理解」する段階です。言葉を出す練習より言葉を吸収する機会を作りましょう。言葉の発達を助ける方法としては、見るだけ聞くだけの一方通行のコミュニケーションは避けましょう。テレビや動画などを長時間見せると自分から発信する機会を失います。絵本を読んだり歌を歌ったり、関心を持った物の名前を教えましょう。無理に言わせる必要はありません。(看護師)
お母さんが先回りして欲求を満たしてしまうと、子どもは「言葉で伝える」機会を失います。身振り手振りで伝えようとしたら、それを一度言葉に直して代弁してあげましょう。子どもの感情も「ご飯が美味しいね」「怒られて悲しかったね」等、言葉で表現出来ない部分を代弁しましょう。3歳までは焦らず様子を見て下さい。(看護師)
言葉の発達には周囲の状況理解が大切です。意思表示出来るなら、身近な物の名前を教え、理解したら、単語に動詞や形容詞をつけて短い文章を作る練習をします。例えばパンを見せて「パン」と教え、「パン食べる?食べない?」と聞き、頷いたら「パン食べる」という言い方を教えます。犬がいたら「ワンワン可愛いね」と教えます。出来なくても焦らず、色々な人と触れ合う様々な環境で過ごさせましょう。(看護師)

3歳までは様子を見ていても良いようです。子どもが身振りで伝えようとしたら言葉にしてあげるのが良いとのアドバイスがありました。


2018/07/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)