睡眠トラブル

入眠後1時間で覚醒し寝てくれない赤ちゃん、どうすれば?

入眠後1時間程度で目を覚まし、遊びだしてしまうという11ヶ月の子どもについての相談です。よくない習慣を断ち切る方法について、専門家のアドバイスを見てみましょう。

11ヶ月の子どものママからの相談:「中途覚醒について」

11ヶ月の息子の中途覚醒で困っています。夜は平均20時から21時には寝てくれます。しかし、1時間程度で覚醒してしまいその後寝かしつけをしても寝てくれません。遊び出してしまうので結局再入眠は22時を過ぎることがあります。絵本の読み聞かせや添い寝など試してみたものの遊んでから寝るのが1番有効的でした。来月から保育園も始まるのでこのままだと私も息子も慣れない生活になってしまうと思います。朝まで熟睡、または遊びの時間を無くすにはどうしたらよいでしょうか。(20代・女性)

目が覚めても遊んであげないのが正解

子どもが目覚めても、電気をつけたり遊んだりせずに再入眠を促すことが大切だと指摘がありました。

そろそろ体内時計が働いて、夜と昼の区別ができるようになっていると思います。赤ちゃんが中途覚醒するのには、起きた時に部屋が明るくて朝と勘違いする・お腹が空いて目が覚める・起きたら遊んでもらえると思っている・トータルの睡眠時間が十分とれているなどが考えられます。(看護師)

入眠後に覚醒してしまう子は多くいます。子どもは睡眠サイクルの不安定さにより大人のように夜から朝までぐっすり眠るということが難しくなります。まだ、1歳前ですので朝までの熟睡を期待するよりも、覚醒後の再入眠をいかにスムーズにしてあげるかを考えると良いでしょう。(看護師)

子どもが起きたときに遊んでしまうと完全に脳が覚醒し、その後の入眠が困難になります。電気をつけたり遊ぶことはせずに、遊ぼうとせがんできても無視して寝かしつけることが大切です。また、赤ちゃんが寝ている部屋には起きてすぐ遊べるものを置いたり、目につく位置におもちゃを置かないようにしましょう。(看護師)

生活リズムの見直しで睡眠の改善を

睡眠にかかわる時間や環境をきちんと整え、生活リズムをはっきりさせることが、安定した睡眠につながるようです。

寝る2時間前にはテレビ・入浴・激しい遊びなどを避け、脳の興奮を起こさないようにしましょう。また、寝る前には絵本やスキンシップにより精神を安定させてあげると良いでしょう。寝る部屋はなるべく暗く静かな環境にし、隣の部屋からの光や音もなるべく漏れないようにすることも大切です。夜遅く寝てしまった翌日であってもいつもと同じ時間に起こしましょう。(看護師)

朝は決まった時間に起こし、短時間でいいので朝の光を浴びさせてください。寝る前に充分授乳し、夜間断乳するのもひとつの方法です。お昼寝は15時までくらいで、2時間ほどにしてください。生活リズムが整ってくれば夜まとまって寝てくれるようになると思います。(看護師)

子どもが目を覚ましても、電気をつけたり遊んだりせずに、寝かせるようにというアドバイスがありました。朝は決まった時間に起こすなど生活リズムを整え、睡眠環境を改善することで、安定した睡眠につながるようです 。


2018/07/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)