新商品

2018/08/03

声を出して楽しめるコミュニケーション絵本の第3弾が発売

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

声を出して楽しめるコミュニケーション絵本の第3弾が発売

赤ちゃん向けコミュニケーション絵本の第3弾「いっしょにするよ」発売

出版業で知られる株式会社KADOKAWAが、赤ちゃん向けコミュニケーション絵本「いっしょにするよ」を発売しました。

こちらの絵本は赤ちゃんを持つママたちから生まれた、鳥を題材にした可愛い絵柄の絵本になります。

ベストセラーとなった「とりがいるよ」、関西の自治体で配布され、赤ちゃん向けのファーストブックに採用された「たまごがあるよ」に続く知育絵本シリーズの第3弾です。

赤ちゃんでも楽しめる絵本「いっしょにするよ」の内容

こちらの本は少し特殊な方法で制作されており、子育て中のママの声や読み聞かせ中の子どもたちの反応を見て、一から作られました。

主人公は鳥たちで、「とことことこ」や「いっしょにおさんぽするよ」など、可愛い擬音と台詞で構成されています。

新生児から小学生まで、子どもなら誰もが一緒に声を出して笑顔になれるような、そんなコミュニケーション絵本になっています。

「いっしょにするよ」は6月28日から税込が972円で発売中です。

作者は風木一人氏、絵はたかしまてつを氏で、現在人気絵本サイト「絵本ナビ」で全ページ試し読みが可能です。

参考サイト

株式会社KADOKAWA プレスリリース(PRTIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加