イヤイヤ期

家では服を着ない2歳児…叱れば大泣き、もうどうすればいいの?

2歳は魔の反抗期ともいわれます。全く言うことを聞かず、途方に暮れるママも少なくありません。今回の相談者さんもその一人です。服を着たくないと大泣きする2歳の女の子に困り果てています。専門家からはどんなアドバイスが寄せられたでしょうか。

2歳児のママからの相談:「家で服を着ようとしない時の対処法」

2歳の娘は家で絶対に服を着ません。着せようとすると大泣きして叩きます。風邪を引くよと何回言っても聞きません。また、トイレトレーニング中のため、床にしてしまう時もあります。「服を着ないからでしょ」と怒鳴ってしまい、娘はまた大泣きして「抱っこ、抱っこ」とせがみます。どうすればよいのでしょうか。(20代・女性)

イヤイヤ期は必ず終わる。かまい過ぎずに様子見を

イヤイヤ期は必ず終わりが来るため、様子を見るのが良いようです。

2歳頃になるとイヤイヤ期が始まります。やれと言えばしない、やめろと言えばすることが増え、お母さんのストレスになりますが、イヤイヤ期は必ず終わります。あまりストレスを溜めないようにしましょう。出来た時は抱きしめて褒めてあげると本人の自信に繋がり、良い循環が起こるでしょう。(看護師)
裸が気持ち良いのでしょうね。支障がなければ様子を見ても良いかと思います。服を着せようと追いかけると喜んで逃げ回ります。服を着るよう声だけかけて構わずに様子を見て下さい。ママが構ってくれないと不安になって自分から着ることもあります。(看護師)
どうしても着ないなら「○時になったら服を着るよ」と伝え、それまでは自由にさせましょう。時間になったら泣いて抵抗しても着せましょう。この時に「約束したから」と伝えて下さい。思わず怒鳴ってしまうこともありますが、抱っこをせがむ時は甘えたい時です。思い切り抱っこしてあげて下さい。(看護師)

怒るより褒めて。一緒にやろうと声かけると効果的

怒り過ぎると自律の妨げになることがあるようです。親子で一緒にやる等、工夫するのが良いとの声もありました。

子どもが嫌がるには、窮屈だから・暑いから・濡らしたら怒られるから等、理由がありますが、イヤイヤ期には理由もなく「とにかく嫌」ということもあります。私の娘も着替えは大嫌いでしたが、「着なさい!」と言うと逆効果で、「自分で着てごらん」と言えば自ら着ることがありました。(看護師)
一緒に着替えたり競争する等、遊びを取り入れても良いでしょう。一番逆効果なのは「怒ること」です。トイレトレーニング中は「褒める」にシフトしましょう。怒った後、泣いて抱っこをせがむのは、お母さんの気分を良くしたい・怒られて不安という気持ちの表れです。(看護師)
怒られ続けると「衣服の着脱」自体がストレスになり、うまく自律できなくなる可能性があります。トイレトレーニングにも影響するため、怒るより「一緒にやろう」「一人で出来るかな」へと方向転換しましょう。(看護師)
服はお子さんに選ばせ下さい。ちぐはぐでも毎回同じでも好きな服にして下さい。「このズボンにはどれが合うかな」等、楽しく選べば服に興味を持つでしょう。好きなキャラクターの服を準備するのも効果的です。(看護師)

時間を決めて自由にさせたり、好きな服を選ばせたりすると良いようです。出来た時はうんと褒めてあげるのが良いとのアドバイスもありました。


2018/07/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)