陣痛

陣痛のいきみ逃しにテニスボールを使うのはNGって本当?

陣痛が進んでくると、まだ子宮口が開ききっていなくてもいきみを我慢できないことがあります。テニスボールを肛門に押し当ていきみ逃しをするという話について、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

いきみ逃しについての相談:「いきみ逃しにテニスボールを使いたい」

陣痛のいきみ逃しで、肛門付近にテニスボールのような硬い物を押し当てるとよいと聞く反面、本当はあまり使ってはいけないとも聞きますが、なぜでしょうか。前回のお産の時こっそり使ったところ結構よかったので今回もまた使いたいと思っていますが、少しためらっています。(30代・女性)

いきみ逃しが大切な理由

なぜいきみ逃しが必要かというと、子宮口が開いていない状態で無理にいきむと赤ちゃんが窒息したり、会陰裂傷などを起こす危険性があるからです。自分が一番楽だと思える方法でいきみ逃しをすればよいと思うので、不明な点は医師に相談してみてください。

まだ子宮口が全開ではないのにいきむと、子宮破裂や会陰裂傷を起こす可能性があります。そのため最近は、肛門にテニスボールなどを押し当てる方法を推奨している産院もあり、テニスボール以外にも呼吸法を取り入れている所もあります。(産科看護師)
子宮口が全開になる前に力任せにいきむと、まだ開ききっていない子宮口から無理やり赤ちゃんの頭が出てきて窒息状態になることもあるため、いきみを逃すことが必要なのです。(呼吸器科看護師)
陣痛の痛みで呼吸が荒くなると、過呼吸でパニックになり子宮口が上手く開かなかったり、赤ちゃんに充分な酸素が送れなくなりお産が長引いてしまう場合があります。本人にとって楽な出産が一番なので、テニスボールを使いたいのなら主治医に相談するとよいでしょう。(産科看護師)
いきみ逃しは本当に大変なので、できるだけリラックスして本人が一番楽な姿勢をとるようにしましょう。肛門付近を家族や看護師さんに押してもらう、テニスボールなどを肛門に押し当てたり肛門が当たるようにして座る、正座やあぐらをかき自分のかかとで肛門を押すなどの方法があります。また、腰や尾てい骨付近を押してもらったり、いきみや痛みを考えないようにするのもよいです。 (呼吸器科看護師)

テニスボールは清潔なものを

テニスボールなどを使用の際は、感染予防のため清潔なものを使うようにしましょう。また、いきみ逃しにテニスボールが有効というわけではないという意見もあるようです。

テニスボールは予め消毒してあればよいですが、あまり清潔でないものは使用しない方がよいでしょう。(内科看護師)
テニスボールを使ったからといって、必ずしも陣痛が楽になるという根拠はありません。また陣痛の時にテニスボールを使用し、間違えて肛門から腸の中に入ってしまいひどい目に合ったという人の話を、実習生の時に聞いたことがあります。(内科看護師)

いきみ逃しは大変なので、自分が楽な方法をとることが一番大切ではないでしょうか。テニスボールの使用については、一度担当医や助産師さんに相談してみるとよいでしょう。


2015/05/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)