妊娠検査薬

2015/05/29

妊娠検査薬で陽性反応後に生理、これって検査間違い?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠検査薬で陽性反応後に生理、これって検査間違い?

妊活中の方は、毎月生理の予定日がくる度にドキドキすることでしょう。妊娠検査薬で陽性反応がたのに数日後に生理がきてしまったのは何故かという相談に対し、看護師さんたちは何と回答しているのでしょうか。

妊娠検査薬についての相談:「妊娠検査薬が陽性だったのに生理が始まったのは何故?」

妊活を始めて1年です。古い妊娠検査薬が余っていたため、少し早かったのですが生理予定日頃に使用した所うっすらと陽性反応がでました。しかし数日後には生理が始まったのですが、これは検査薬が間違っていたということでしょうか。特に普段の生理と変わりない感じですが、もしかしたら妊娠していたのかもしれないし、病院に行くべきか悩んでいます。(30代・女性)

陽性反応=妊娠とは限らない

検査薬で陽性反応が出ても、必ず妊娠しているとは限らないようです。使用期限が切れた検査薬の使用や、測定日が早すぎたりすると検査結果の信憑性にかけますし、子宮外妊娠や流産した場合でも陽性反応は出ます。

生理前の黄体期には黄体ホルモンの分泌が盛んになるため、生理予定日や予定日を数日経過しても陽性反応が出ることもあり、正しい判定のためには予定日を一週間以上経過してからの測定がよいでしょう。また子宮外妊娠やすでに流産している場合も陽性反応が出るため、検査薬はあくまで目安とお考えください。(産科看護師)
通常の妊娠検査薬はHCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)への反応下限値が50mIU/mlに設定されており、生理予定日の1週間後以降から使用できます。このHCGは受精卵が骨盤内のどこかに着床すると分泌が始まりますが、検査薬が陽性でも妊娠していない場合は以下の様なことが考えられます。

1.尿が検査薬に染み込んでいく過程で、試薬を仕込んである箇所が一時的に薄い線が浮き出した様に見えることがある。

2. 使用期限が切れた検査薬の信頼性が低い。

3. 不妊治療で性腺刺激ホルモン剤などの投与を受けている場合は、そのホルモン剤に反応することがある。

4. 子宮外妊娠や科学的流産(着床しても途中で発育がとまり、生理のような出血が起こる)などでも、陽性反応が出る。
(内科看護師)

基礎体温と照らし合わせてみて

検査薬はあくまでも目安で、基礎体温と照らし合わせると妊娠の判断がしやすいようです。出血に関してははっきりとした判断はできかねますが、一度基礎体温表を持参して主治医に相談するとよいかもしれません。

妊娠していた場合は着床出血が考えられますが、その場合出血量は少なく2~3日で止まるため、普段の生理と変わらないようなら生理と考えた方がよいでしょう。心配なら病院で検査した方がよいですし、検査薬と併用して基礎体温をつけていればご自身でも妊娠の判断がしやすいです。(産科看護師)
基礎体温が低温相と高温相に分かれていれば、検査薬と併せて妊娠の判断材料になりますが、検査薬は着床異常でも陽性と出ることがあり、お話しの内容だけでは生理かどうか判断できかねます。あくまでも検査薬は判断材料なので、主治医に基礎体温を見せ、出血の量や色や痛みの有無などを伝えてください。(一般外科看護師)

測定日が早かったようですし、出血の状態からみて通常の生理のようですが、必ずしもそうとは言い切れません。正しい判断のためには、一度主治医に相談した方がよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加