おへそ

2015/05/30

子どもの「へそのごま」取ったほうがいい?正しいケア方法は

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子どもの「へそのごま」取ったほうがいい?正しいケア方法は

赤ちゃんの衛生ケアをしようと思っても、なかなかじっとしていてくれず手間取るママは多いでしょう。おへそをいつも清潔にしていないとよくないのかと心配するママに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「子どものおへそのごまは取った方がよいですか?上手な取り方は?」

1才半の子どものオムツ交換をしている際、おへそにごまがたまっていることに気がつきました。綿棒などにベビーオイルをつけて掃除すると良いようですが、動いてしまうので危なくてできません。病院では気にしなくてもよいと言われたのですが、オムツ交換のたびに気になっています。清潔を保たないと何か問題が起こるものでしょうか。また、プロが実践する上手な取り方があれば知りたいです。(40代・女性)

おへそのごまは無理に取らず、ベビーオイルでやさしくケアを

長い期間おへそのごまを取らないと炎症を起こすことがありますが、無理に取る必要もありません。気になるなら、ベビーオイルを使ってごまをやわらかくし、自然に取れる分だけをコットンやガーゼでやさしくケアしましょう。

長い期間おへそのごまをケアしないと、菌が繁殖して赤く腫れたり臭いがするなどの臍炎(さいえん)がおこるので、汚れが目立ってきたらケアをしましょう。おへそにベビーオイルを数滴垂らして、汚れに染みこむまで約10分待ちます。その後、湿ったガーゼで優しく少しずつ拭き取ります。ガーゼであれば力加減も分かるので取りやすいです。無理にごまを取ろうとせず、汚れが浮き、取れやすいものを取るだけでも十分なケアになります。(消化器科看護師)
おへその掃除を無理に行う必要はありません。気になるようなら入浴前、ベビーオイルをしみこませたコットンを、テープでおへそに数分貼りつけます。柔らかくなった状態でお風呂に入り、取れる部分だけを取るようにしましょう。もし残っていても無理にはがさず、自然に取れるのを待ってください。(産科看護師)

気にしすぎないこと、触りすぎないことがポイントです

おへそのごまはたまるものです。気にして触りすぎると逆効果になることもあるので注意し、ケアはほどほどにしましょう。

赤ちゃんでもおへそのごまはたまるもの。あまり気にしないことが一番です。反対に気にして触りすぎると、余計にごまがついてしまったり、おへそを傷つけてそこからばい菌が入ることもあるため、注意しましょう。ケアをして汚れが取りきれなくても焦る必要はありません。(内科看護師)

おへそのごまを長い期間そのままにしておくと炎症につながりますが、気にしすぎて無理に取るのもまた良くありません。汚れが目立ってきたタイミングで、ベビーオイルやコットンなどを用いて取れる分だけやさしくケアする程度でよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加