調査・アンケート

2018/07/29

日本トイザらスが子どもの夏の水遊びに関する特設サイト開設

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

日本トイザらスが子どもの夏の水遊びに関する特設サイト開設

日本トイザらスが「夏の水遊びに関する意識調査」を実施

日本トイザらスが夏に向けて「水遊びの新常識サイト」を開設し、それに合わせ「夏の水遊びに関する意識調査」を実施しました。
こちらのサイトは水遊びに役立つ情報が満載のサイトで、水遊びに関する悩みを解決してくれます。
また、アンケートに関しては20~50代の男女1,977名がアンケートに回答しています。

本格的に夏が来る前にしっておきたい、水遊びに関する意識調査の結果

成人の男女に「泳ぐことができるか?」という質問をしたところ、82%が「できる」と回答しました。しかし、逆に考えると成人の6人に1人が「泳げない」という結果になります。
次に「何歳から泳げるようになったか?」という質問では、「6歳」という答えが最多となっています。
ちなみに、「自分の子どもが何歳から泳げるようになったか?」という質問では、「5歳」が最多の回答となりました。
小学校に入る前の5歳までに泳ぐことができるようになった比率を比べてみると、親世代は29%に対して、今の子どもは56%と、今の子どもの方が泳げる子が増えたという結果になりました。

この結果は、自分が子どもの時に泳ぐ機会が少なかった分、自分の子どもには水に慣らす機会を与えたいという親心から来ていると推測できます。


 更に「自分の子どもが水を苦手だと感じているか?」という質問では、40%の親が「感じている」と回答しました。

最後に「子ども用プールを持っているか」という質問では、58%の親が「持っている」と回答しています。逆に「持っていない人」に理由を聞いたところ、1位に「自宅に設置できる場所がない」がランクインしました。

参考サイト

日本トイザらス プレスリリース(PRTIMES)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加