子供の年齢別の悩み

2018/08/25

歯磨きイヤイヤマンの1歳半、無理やりにでも磨くべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

歯磨きイヤイヤマンの1歳半、無理やりにでも磨くべき?

仕上げ磨きを嫌がる1歳半についての相談です。無理やり磨くべきかどうか迷っているようですが、専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

1歳半の子どものママからの相談:「逃亡する歯磨きイヤイヤマンはどうしたら?」

現在1歳半の男の子がいます。歯列に関してはほぼ乳歯が生えそろってきたところで、奥歯も頭を出している状態です。
歯磨きに関しては食べたらできる限り歯ブラシを持たせて歯磨き(できていないが)するように促しています。その後の仕上げ磨きに関してですが、1歳になる以前はされるがままだった所もあるのですが、最近では自我も出てきて歯磨きの仕上げ磨きを嫌がるようになりました。仕上げ磨きしようと転がすと体をひねったり、口を頑として開こうとしなかったり、顔を背けて歯ブラシを拒否します。もちろん体格差も力もあるので、組み伏せて無理やり仕上げ磨きをすることもできますが、こういった場合無理やり歯磨きを行って嫌がる気持ちを助長させるのではないかと思うと、どうすればよいかわかりません。
現在は、なんとかなだめながらちょっとだけ磨けたら磨く、という程度です。なるべく、奥歯や前歯の裏など虫歯ができやすい場所を優先して行い、どうしても逃げ回る時はお茶を飲ませるなど、妥協をしています。こういった場合、強引にでも歯磨きを行った方がよいのか、今までのように少し妥協しながら歯磨きに対する嫌悪感を和らげることを優先した方がよいのか、どちらでしょうか。(30代・女性)

今は神経質になりすぎなくても大丈夫

もう少し大きくなれば方法もあるため、今はストレスに感じすぎる必要はないという指摘がありました。

自分で上手く磨けなくても歯磨きを持たせ、口に入れてみる習慣をつけさせることはとても良いことですので続けて行きましょう。(看護師)
もう少し成長すると、大人の真似をしたり、絵本や動画の内容を理解したり、自分の好きなキャラクターの歯ブラシを喜んだりして、歯磨きを促すツールが増えていきますので、今はストレスに感じすぎないようにしましょう。(看護師)

褒めて楽しく歯磨きしよう

子どもが嫌がる場合の、安全な姿勢についてアドバイスがありました。また、磨いているときや磨いた後にしっかり褒めるとよいようです。

子どもが嫌がる場合は、お母さんが長座の状態で座り、そこに子どもの頭を自分のお腹の方に向けた状態(お母さんの太ももの間に子どもの頭が挟まる状態)で寝かせます。そして、両膝の下に子どもの腕を入れ、膝で子どもの両腕をロックしてあげると安全な姿勢で固定することができます。(看護師)
押さえ込みながらもお母さんは怖い顔をせず、褒めながら優しい顔で歯磨きをしてあげ、子どもの恐怖心を少しでも減らしてあげることが大切です。(看護師)
自分で歯磨きができたら、思い切り褒めてあげてください。また、磨き方を教えながらママと一緒に磨くのもいいですし、鏡を見ながら「ここにバイキンがいるよ」と言ってみるのもよいかと思います。お子さんと楽しい歯磨きを習慣にしてください。(看護師)

仕上げ磨きの完成度について、現時点ではそれほどストレスに感じる必要はないようです。安定した姿勢で、よく褒めながら楽しく歯磨きをすることが勧められています 。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加