睡眠不足

妊娠初期の凄まじい眠気!どうやって乗り切ったら良いの?

2人のお子さんの育児に追われる中で、妊娠初期の凄まじい眠気に悩まされている妊婦さんからの相談です。妊娠初期の眠気のメカニズムと、看護師さんおすすめの眠気乗り切り術を教えてもらいましょう。

妊娠初期の2児のママからの相談:「強い眠気に困っています」

2児の母で、年末に3人目を帝王切開で出産予定です。現在11週に入ったばかりなのですが、眠気がひどくて困っています。2人目を妊娠した時も強い眠気を感じましたが、今回はそれ以上です。上の子は4歳で遊び相手をしなくてはならないですし、下の子もまだ小さいので手がかかります。遊んでいる最中に眠ってしまったりして、子どもも不満そうです。夜もきちんと寝ているつもりですがそれでも眠く、朝もきちんと起きられません。妊娠の症状に眠気があるのは分かっていますが、本当に強烈で…。何か眠気を抑えたり、眠気を改善する方法はないでしょうか。(20代・女性)

眠気はホルモンの影響と日常生活の疲れから

妊娠初期は、ホルモンの影響で眠気を感じやすくなります。疲労が溜まっていることも、眠気を増強させる原因になるようです。

眠気は妊娠初期の一般的な症状で、多量に分泌されるプロゲステロンというホルモンの影響で生じます。また、出産に向けて妊娠生活を乗り切るために、本能的に身体を休ませてエネルギーを温存しようとしているためだと考えられています。(看護師)
上の子の世話も重なっている様なので、前回の妊娠時より無意識に負担もかかっていることも眠気につながっている可能性もあります。(看護師)

爽やかな香りで眠気の改善を

眠気を感じたら、爽やかな香りのアロマオイルを試してみましょう。妊娠中でも使用可能なアロマオイルを紹介してくれました。

香りが苦手でなければ、眠気によく効く、脳の覚醒を助ける爽やかな香りのアロマオイルを試すことを提案させていただきます。ペパーミントやハッカ、ユーカリのスーッとする爽快な香りは脳を刺激して覚醒を促します。その結果、眠気の改善につながります。これらは、肌につけないように芳香浴という形で利用すると良いでしょう。肌につけるとよくないとされているものや、アレルギー反応を起こすものがあります。(看護師)
眠気を感じたらそのような香りや味のする歯磨き粉を用いて歯磨きをしてみたり、飴・ガムを口にするようにしてみたり、ハーブティーを飲むのも良いです。エッセンシャルオイルを選ばれる際は、含まれる成分や産地、抽出法を確認してから購入・使用するようにしてください。(看護師)

強い眠気を感じたら、睡眠をとる事が一番ですが、育児に追われているとなかなか眠ることができないと思います。眠気を感じたら、爽やかな香りのアロマオイルを試してみるのはいかがでしょうか。
また、日頃の疲れの解消のためにも、周りの手を借りて子どもを預かってもらい、まとまった睡眠を取るのも良いでしょう。毎日でなくても、地域のサポート制度を活用したり、家族に協力を仰いだりして、少しでも休めるように心掛けてください。その休息は、ママだけでなく赤ちゃんにも必要なものとのことです。
赤ちゃんと一緒に休んでいると思って、自分の体もいたわることができるといいですね。


2018/08/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)