離乳食

離乳食、途中で食べ物をぐちゃぐちゃに…どうすれば?

離乳食を食べている途中で飽きてしまい、食べ物をぐちゃぐちゃにする1歳児についての相談です。きちんと食べさせる工夫について専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

1歳児のママからの相談:「食事中飽きずに最後まで食べさせる方法を教えてください」

1歳1ヶ月の息子がいます。生後5ヶ月から始めた離乳食、食べたり食べなかったり色んな時期を経て今はモグモグたくさん食べてくれるようになりました。手掴み食べやフォークに刺した食べ物を渡すと上手に食べる事ができますが、飽きているのかお腹がいっぱいになってきているのか、時間が経つにつれだんだん食べ物をぐちゃぐちゃにしたり、スープの中に手を突っ込んだりと大変な状況になります。そんな時はお腹がいっぱいだと判断してご飯を下げてしまって良いのか、用意した分は最後まで食べさせた方が良いのかいつも悩みます。何とか飽きずにご飯を全部食べさせる方法や、工夫などありましたら教えてください。(30代・女性)

ぐちゃぐちゃにしはじめたら食事を下げてOK

食べ物をぐちゃぐちゃにしだしたらダラダラ食べさせず、ごちそうさまの挨拶をさせて食事を終了することが勧められています。

お腹が満たされ、食事に飽きてくると遊んだり、歩き回ったりするようになってしまいます。子どもの集中力は短く、またダラダラ長く食事をとるのは虫歯の原因にもなりますので、食事時間の目安は40分以内としましょう。30~40分以内に食事を済ませるようにし、遊び始めたら食事を下げてしまう方が良いでしょう。(看護師)
まずはスプーンを握らせて、スプーンの上にご飯をのせてあげてください。食べられたら褒めて、また同じようにします。食べ物をぐちゃぐちゃにし始めたら片づけていいでしょう。その場合、ごちそうさまの挨拶をして、ご飯が終わりということを認識させてください。(看護師)

無理に全部食べさせようとする必要はない

食事を全部食べさせようと神経質になるのではなく、親子ともストレスにならないよう工夫するようアドバイスがありました。

子どもが手掴みで食べるのは、自分の口にあった分量を認識するためだったり・自分のペースで食べるため・食材の温度や触感を確認するためだったりと、自立して食事ができるようになるための過程ですから、無理に止めさせる必要はないでしょう。(看護師)
子どもの場合は、消化管の容量も小さく、消化機能も未熟ですから、3回の食事で栄養摂取を解決するのではなく、1回の食事の量を少なめにし、間食を含めた5回の摂取で1日の栄養を摂るようにすると良いでしょう。その際、2回の間食は、果物(バナナなど)や軽食(おにぎりやヨーグルトなど)などを準備し、お母さんの負担にならないようにしましょう。(看護師)
すべて食べさせようとすると子どもにとっても食事が負担になり、お母さんにとってもストレスになります。たくさん食べてくれることを褒め、互いに負担にならないように食事習慣を作っていきましょう。(看護師)

子どもが食べ物をぐちゃぐちゃにし始めたら、ごちそうさまをさせて食事を下げるとよいようです。食べられたことをよく褒め、間食も含めての栄養摂取を計画するなど、親子とも負担にならないよう工夫することが勧められています。


2018/08/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)