妊娠中の病気・身体の悩み

妊娠後に貧血でもないのにお風呂場でふらつく…その原因は?

妊娠中はさまざまな体調変化が起こります。貧血ではないのに、お風呂に入るとふらついてしまい不安な妊婦さんからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

妊婦さんからの相談:「お風呂場でふらつくので、寒くてもシャワーだけにした方が良いでしょうか」

貧血ではないのに、最近お風呂場でふらつくようになって不安です。妊娠中はのぼせやすいと聞いたので、湯船をぬるめにして浸かるのは短時間にしています。冷え症なので、本当はゆっくりと浸かりたいです。大丈夫だと思っても、浴室を出ようと身体を拭いている時などにふらつくことがあります。心配で貧血の有無を診てもらいましたが、正常だそうです。ふらつきがある場合、寒くてもシャワーだけにした方が良いのでしょうか。(20代、女性)

血圧の変化や低血糖ふらつきの原因に

座った状態から立ち上がって血圧が下がった時や、入浴で一気に血圧が上がった時など、血圧の変化がふらつきの原因になるようです。ふらついたら、しゃがんで落ち着くまで待ちましょう。

妊娠中は胎児に栄養を送るため骨盤に血流が集中し、下半身の冷えが強くなります。身体を温めると改善される血液循環に身体が対応しきれなくなることや、血圧が入浴で一気に上がることが、ふらつきの原因だと考えられます。(一般内科看護師)
起床時や、長時間座った状態から立ち上がった時に、一時的に血圧が下がって目の前が真っ暗になり、ふらつきが起こることがあります。意識を失うことはありません。ふらついたら、すぐにしゃがんで、症状が落ち着くのを待ちましょう。落ち着いたら、急に立ち上がったりせず、ゆっくり頭を持ち上げるようにしてください。また、足を高くして横になるのも症状を改善します。外出先でしたら、しばらく座って休んでください。(産科・婦人科看護師)
他にふらつきの原因として、低血糖も考えられます。妊娠中は血糖のコントロールが鈍くなっており、赤ちゃんに栄養が運ばれるため、低血糖を起こしやすくなっています。食事と食事の時間を長くあけないようにして、クッキーや飴など、手軽に食べられるものを用意しておくとよいでしょう。また、空腹時に入浴することは避けてください。(産科・婦人科看護師)

半身浴にするか、ふらつきがひどい時はシャワーだけに。

湯船につかると身体が温まるので、ぬるめのお湯で半身浴をすると良いでしょう。ふらつきがひどい場合は、シャワーだけにしたほうが良いようです。

湯船につかると、身体全体が温まって血流も良くなりますが、長風呂や熱いお風呂は避けたほうがよいでしょう。少しぬるめのお湯で下半身浴にすると、身体の芯から温まります。(産科・婦人科看護師)
ふらつきがひどければ、入浴は控えた方がよいでしょう。ただし、シャワーだけでは足の冷えは改善されないのでシャワー後に足をお湯につけて、足浴をしてはいかがでしょうか。(一般内科看護師)

血圧の変化や低血糖などが、ふらつきの原因になります。入浴は身体が温まるので良いのですが、半身浴にするなど工夫が必要です。また、ふらつきがひどい場合は湯船につかるのは控えるようにしましょう。


2015/06/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)