産後の身体の悩み・トラブル

2018/08/25

産後半年経っても元に戻らない母体…体調管理はどうすべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後半年経っても元に戻らない母体…体調管理はどうすべき?

産前産後の体調管理に悩む女性は少なくありません。今回の相談者さんは産後半年を過ぎても動悸や息切れに悩まされています。来月の職場復帰を前に不安を覚える彼女ですが、専門家からはどんなアドバイスが寄せられたでしょうか。

産後の母体についての相談:「産後半年経っても続く体調不良」

初めての出産を経験し、ホルモンバランスの影響かと思いますが、体調がいろいろと変化しました。具体的にはすぐに動悸や息切れがする、疲れやすくてだるい、眠りが浅い等です。産後2〜3ヶ月で元に戻るだろうと思っていましたが、半年経った今でも本調子に戻りません。来月には職場復帰を控えていますが、この状態で体調的に大丈夫なのか不安です。残り1ヶ月で出来る体調管理方法や注意点があれば教えて下さい。(30代・女性)

産後の母体の回復には個人差あり。貧血の可能性も

産後の母体の回復には個人差があるようです。貧血の可能性を指摘する声もありました。

産後のホルモンバランスが正常に戻る時期には個人差があり、育児疲れやストレス・授乳などにも影響します。生理は再開しましたか?生理周期が整わないうちはホルモンバランスが正常に戻っていない可能性があります。(看護師)
女性ホルモンのバランスは自律神経にも影響を及ぼします。自律神経は、循環・呼吸・体温・消化など、人間の身体の調子をコントロールする働きをします。それが乱れることで動悸・息切れ・めまい・消化不良など様々な症状が現れます。また育児中は疲労・不安・睡眠不足・ストレス等で女性ホルモンや自律神経のバランスが乱れやすくなります。(看護師)
動悸・息切れ・疲労がひどい場合、産後の貧血が改善されず持続している可能性があります。症状がひどい場合は医師に相談しましょう。(看護師)

赤ちゃんが寝たらママも一緒にお昼寝して休息を

赤ちゃんが寝たからと家事をするのではなく、一緒にお母さんもお昼寝して休むのが良いようです。

まずは食事と休息です。特に休息は重要で、十分な睡眠をとることが大切です。しかし育児中では満足に休むことが出来ませんよね。休息のために育児以外の仕事は手を抜いてしまいましょう。赤ちゃんが寝ているうちに家事をするのではなく、赤ちゃんが寝ている時は一緒に昼寝をする等、なるべく休息の時間を作りましょう。(看護師)
産後の健診では異常はなかったでしょうか。確かに妊娠・出産によるホルモンバランスの変化で体調が悪くなる方もいらっしゃいます。産褥期(さんじょくき)をどう過ごしたかによって産後の回復が左右されます。特に産後1ヶ月は寝たり起きたりを繰り返す等、休息が優先され、産後1ヶ月の健診で異常がなければ徐々に日常生活を戻していきます。(看護師)
産後半年が過ぎていますが、無理せず、辛い時や赤ちゃんが寝ている時は横になって休むようにしましょう。家事は体調が良い時にまとめてやるか、家族に協力してもらって下さい。子宮の回復も遅れていると考えられるため骨盤矯正運動やストレッチ等、軽い運動を行って下さい。体調的に不安ならもう少し社会復帰を遅らせても良いかと思います。(看護師)

産後は育児に追われて思った以上に無理をしていることも少なくないようです。休息を心がけ、場合によっては職場復帰を遅らせることも検討するのが良いとのアドバイスがありました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加