出産準備品

出産のための病院選びのコツは?出産準備は何をそろえるべき?

健康な赤ちゃんを産むためにはどんな病院を選ぶのが良いのでしょうか。病院選びのコツはないのでしょうか。出産のために何を揃えておくべきかも気になります。専門家に聞いてみました。

出産準備についての相談:「出産のための病院選びのコツについて」

出産の際の病院選びで一番大事なことは何でしょうか。数多くの病院があって困っています。食事や子どものこと、施設の設備など様々でしょうが、何を優先すれば良い病院を選べますか。また出産に向けて準備した方が良いものはありますか。健康な赤ちゃんを産むために準備したいのですが、病院ごとに回答が異なるため何が大事か知りたいです。(20代・女性)

出産は「命がけ」。治療体制・信頼関係も見逃さないで

出産は命がけであることを意識し、治療体制やスタッフとの信頼関係を重視するのが良いとのアドバイスが寄せられました。

病院選びの基準は様々ですが、出産は「母子にとって大切な時間」であると同時に「命がけ」であることを考えなければなりません。一番大切なのは“母子を守るための設備と医療陣”です。これは最先端の設備で優秀な医師がいることではなく、母子に問題が発生した際の対応や、医師とのコミュニケーションが円滑に図れるかです。助産院や個人病院でも緊急時の対応や提携先の病院を調べておきましょう。(看護師)
何より大切なのは安心して出産出来る病院です。医療スタッフとの関係性はとても重要で、信頼関係がないなら安心出来ないでしょう。お母さんの言葉に耳を傾けてくれる医師・助産師・看護師がいるか、スタッフ間の雰囲気が良いか等も観察しましょう。(看護師)
どんな出産をしたいか考えてみましょう。アットホームな雰囲気で自分のペースで出産したい、陣痛を避けて無痛分娩にしたい、母子同室が良い、経済的な負担が少ない等考えて病院を絞りましょう。また、自宅から通いやすい、万が一のためにNICUの設備が整っているまたは救急病院と提携している、施設が清潔、食事が美味しい等もあると思います。(看護師)

すぐに必要なものを揃えて。ママの「体力」「気力」も

産後すぐに必要になるものをまず揃えるのが良いようです。ママの「体力」「気力」の準備も大切との声もありました。

日用品や赤ちゃんグッズの他に出産までに準備しておくと良いものは何より「体力」と「気力」です。臨月に向けて更にお腹は大きくなり、様々なマイナートラブルが起こります。睡眠不足や身体中の不調に耐えた末に出産したらノンストップで育児に突入します。適度な運動で筋力や体力を落とさないようにし、休息や趣味でストレス解消して、赤ちゃんを迎える準備をしましょう。(看護師)
病院の方針の違いもありますが、一般的に出産のために準備すべきものは、産着・オムツ・哺乳瓶・ガーゼや柔らかいタオル等で、ママ側では産褥パッド・授乳用ブラジャー・産褥ショーツ等です。必要に応じてベビーベッド・ベビーバス等もありますが、まずはすぐに必要なものを揃えましょう。(看護師)
病院ごとに回答が異なるというのは色々な病院を回っているのでしょうか。同じ医師に診てもらった方が信頼関係を築けますし、医師が経過を把握しやすくなります。(看護師)

自分がどんな出産をしたいかを考えてみるのが良いようです。妊娠中は同じ医師に診てもらった方が良いとの意見もありました。


2018/08/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)