イベント・セミナー

育児の孤独に悩む母親たちを助けるプログラムの養成講座の開催が決定

ママ解放区の普及のための養成講座が開催

一般社団法人ブルーミング・マムが新サービス「ママ解放区 ファシリテーター養成講座」を提供することを発表しました。

こちらの講座は育児と母親の気持ちを理解し、職場・家庭での応用ができるをコンセンプトに開かれます。講座のスタートは2018年の10月からというのが決定しています。

孤独な子育てに悩む母親たちを救うプログラムの養成講座の詳細

この講座は、子育ての現状や対処法などの知識や経験を通じて、心理的な変化を学び、その気持ちを共有できる場で進行役を担う人を育成するというものです。具体的には、孤独な育児をしている母親たちの気持ちに寄り添い、進行のノウハウや講座開講の仕方、コミュケーション術を学んでいきます。

また、こちらの講座開設の背景には、子育てによって起こる睡眠不足や生活の制限などで悩むママたちの悩みを解決するというのがテーマにあります。さらに、このような「ママ解放区」を作ることで、虐待防止や離職率の低下、離婚を食い止める効果を期待しています。

講座のカリキュラムは、ママ解放区についてやテキストを使用しての講義とワーク型の講座などが設けられています。主にママ解放区についての深い理解とコミュニケーションを図るのが目的となります。
受講対象は乳幼児・小・中・高生の母親、母親支援をしたい個人・団体・企業などです。

参考サイト

一般社団法人ブルーミング・マム プレスリリース(PRTIMES)


2018/08/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部