イベント・セミナー

母乳育児で悩む母親たちの本音とリアルが飛び交った座談会

母乳育児を題材にした座談会の開催

ピジョン株式会社が「育児中のママが語る私の母乳育児」をテーマにした座談会を開催しました。

こちらの座談会は7月19日にフクラシア丸の内オアゾにて開催され、講師として善方裕美氏が参加しました。善方氏は、産婦人科の副院長を務める傍ら、横浜市立大学付属市民総合医療センターでヘルスケア外来担当医を務めている母乳育児のスペシャリストです。

母乳育児に悩む母親たちの本音

同社がアンケートを取ったところ、75%の女性が「母乳育児をしたい」と考えている一方で、74%が母乳育児の悩みを抱えていることが分かっています。

今回の座談会では善方氏をお迎えし、母乳育児のイメージや現実、悩みなどの本音について話し合いました。また、流れとしては善方氏と子育て中の母親5名が登壇し、座談会、質疑応答、新商品・サービスの紹介が行われました。

母乳育児は悩みやスタイルが変わる

登壇者の1人はすぐに母乳が出なかった上に、赤ちゃんもうまくおっぱいを飲めなかったという経験を話しています。他の登壇者もそれぞれ母乳育児についての悩みを披露していく中で、善方氏は以下のようなエールを送りました。
「母乳育児は母親や赤ちゃんによって、悩みやスタイルが変わってくるから、色々な方法やサポートがある。十人十色で良いと自分を肯定し、自分のスタイルを見つけることを優先しよう」

ピジョン株式会社は、一人でも多くのママが母乳育児を楽しく続けられるようにこのような座談会を開催するとともに、ママたちの母乳育児をサポートするさく乳器 母乳アシスト®の開発・販売を行っています。

参考サイト

ピジョン株式会社


2018/09/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部