発熱

子どもの発熱は自然治療?どのタイミングで病院へ行くべきか

子どもの発熱時など、どのタイミングで病院を受診すれば良いのでしょうか。目安があれば知りたいという相談者さんに、看護師さん達が回答しています。

子どもの病院受診についての相談:「どのタイミングで病院に行けばよいでしょうか」

子どもが熱を出した時、どのくらいを目安に医療機関に行ったらよいのかわかりません。咳のし始めに受診するという人もいれば、自然治癒力を最大限発揮できるよう熱が出ても極力受診しない、という人の話も聞きます。親戚には乳児期の発熱で受診せずにいた結果、熱による脳の障害が残ってしまった子もいるのでとても不安です。ある程度のラインなどがあれば知りたいです。(30代・女性)

発熱時の対応方法

高熱が出た時に家庭で対処できる方法を知っておくと安心です。

38℃以上の発熱でもお子さんが元気なら、すぐに病院に行く必要もありませんし、解熱剤を使う必要もないと思います。しかし、お子さんは自覚症状がない場合があり、高熱が続くと他の臓器にも悪影響を及ぼします。(産科・婦人科看護師)
発熱したらお子さんの状態をみて、できるだけ水分補給をして、大きな動脈を冷やしてみてください。手首にある橈骨動脈、ワキの下にある腋下動脈、鼠径部にある鼠径動脈を保冷剤で冷やすと解熱効果があります。ただし、体中の動脈を冷やすのではなく、ワキだけ、鼠径だけと部分的に行ってください。(産科・婦人科看護師)
急激な体温の低下はたくさんの汗をかき、脱水になることがあるので、保冷剤を使う時は凍傷にならないようタオルなどで包み、長時間同じ部分を冷やすのは避けましょう。解熱剤は熱が上がってからではなく、上がりはじめに使ったほうが効果があります。37℃後半の熱で、お子さんの食欲や元気がないときは早めに使うとよいでしょう。(産科・婦人科看護師)
解熱剤を使っても熱が下がらない場合や、下がっても再び発熱するようでしたら、病院を受診してください。それぞれの考えや症状も個人差がありますが、お母さんが心配と思う時は病院を受診してよいと思います。ただ、風邪の流行時には、待合室などで風邪をもらってくることもありますから、病院に問い合わせてから受診されるとよいでしょう。(産科・婦人科看護師)

迷った時の心強い味方

判断に迷う時に心強い味方になってくれる電話相談サービスや、インターネットサイトがあります。

同じ悩みを抱える親御さんは多いようで、厚生省が行っているサービスがあります。「小児救急電話相談」と呼ばれるもので、電話で#8000を押すとご自宅のある都道府県の相談窓口につながり、ご両親が休日や夜間の急な子どもの病気にどう対処したらよいのか、病院の診療を受けた方がよいのかなどを小児科医師や看護師に電話で相談できるサービスです。(一般内科看護師)
厚生省の日本小児科学会が作ったサイト「こどもの救急」は、症状をウェブサイトでクリックすると、すぐに救急に駆け込むべきか翌日まで様子を見て良いのかの目安を教えてくれます。また、医療機関の受診を考える熱とは38℃前後といわれています。(一般内科看護師)

受診をする目安は様々ですが、高熱を出し続けないよう解熱方法を知っておくこと、病院へ行く前に医療関係者に電話で相談できるサービスについても活用してみましょう。


2015/06/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)