人見知り

6ヶ月の赤ちゃんがパパにだけ人見知りするのはなぜ?

赤ちゃんの人見知りに悩むママは少なくありません。今回の相談者さんもその1人です。3ヶ月間の里帰り後、親子3人の生活になったところで人見知りが始まり、パパが抱くと大泣きするといいます。いったい何が原因なのでしょうか。専門家に聞いてみました。

生後6ヶ月の子どものママからの相談:「パパにだけ人見知りする」

現在6ヶ月ですが、生後3ヶ月まで里帰りしており、夫とは週に1度会っていました。その後3人で生活するようになると同時に人見知りが始まり、夫が抱き上げるだけで大泣きます。私が抱っこすると落ちつきますが、何週間経っても夫になつきません。私の母や兄弟が抱っこしても泣きませんし、よその方だと泣く人と泣かない人がいます。周りの方は人見知りと言いますが、夫に人見知りするのは何故でしょうか。(20代・女性)

人見知りは成長している証。声や匂いで判断することも

人見知りするのは成長している証のようです。

人見知りは成長発達の証です。自分やお母さんと他人を区別し、安心できる人や環境とそうでない人や環境とを認知出来ていることを表します。多くは6~7ヶ月頃に始まり、早いと1歳前後で終わり、中には2~3歳頃まで続く子もいます。(看護師)
人見知りはお母さんとの愛着関係がしっかり形成出来た証拠です。この時期にお父さんに人見知りする赤ちゃんは多いです。里帰りしていなくても出張や遅い帰宅などで1日数分、週数回しか会えない等、一緒にいる時間が極端に少ないと赤ちゃんにとって馴染みのない人になります。(看護師)
赤ちゃんはすぐに「お父さん」と認識し、なつくわけではありません。それはお母さんも同じです。一緒に過ごし、お世話をし、いつも同じぬくもりや声を感じる中で愛着関係が形成されます。(看護師)

人見知りは必ず終わる。ママといっしょにパパも育児を

人見知りが終わるまではママと一緒にパパに育児参加してもらうのが良いようです。

一緒にいる時間が増えれば必ずお父さんになつきます。お父さんにも早くなついてもらいたいでしょうが、人見知りの強い状態で無理矢理抱っこしたり2人きりになったりするのは逆効果です。(看護師)
まずはお父さんとお母さんが仲良くしている姿を見せる・お母さんが抱っこしてお父さんとコミュニケーションをとる・お母さんが「お父さんだよ。○○ちゃんのこと大好きだよ」と怖い人ではないことを教える・お母さんが一緒にいる状態でお父さんと遊んだり抱っこしたりする等、段階を追って接しましょう。(看護師)
一般的に生後6~7ヶ月頃にお母さん以外の人を嫌がるようになる場合があります。お父さんが嫌いなのではなく、お母さんでなきゃだめという場合がほとんどです。また、産まれて間もない赤ちゃんは、声や匂い、気配でもお母さんと認識出来ます。おばあちゃんやお母さんの兄弟なら匂いや気配が似ているのかもしれません。(看護師)
お子さんが泣いてもお父さんなりに育児に参加して下さい。自信がなくなることもあるでしょうが、安心な存在と認識するまでです。1歳くらいまでには落ちつくので、いつかは終わると思って根気強くお子さんと関わって下さい。お母さんもフォローしながら一緒に育児に取り組んで下さい。(看護師)

人見知りは1歳くらいまでには落ち着くことが多いようです。それまでは夫婦で協力して育児に携わるのが良いようです。


2018/09/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)