息抜き・小ネタ

糖尿病が引き起こす、三大合併症について

糖尿病は、血液中の糖質濃度を示す血糖値が慢性的に高い状態です。
そのため、末梢神経や腎臓、眼の網膜など細い血管がある部位がダメージをこうむり、合併症を起こしてしまいます。
なかでも「三大合併症」と言われる障害について、皆さんはご存知でしょうか?
今回は糖尿病の本当の怖さについてご説明します。

糖尿病の合併症とは?

インスリンの効きが悪くなって慢性的な高血糖状態になる糖尿病。
血管は全身に張り巡らされているので、その影響は全身に及びます。
そして、糖尿病が原因で別の病気を引き起こす、いわゆる「合併症」のリスクが高まります。
この合併症には、突然併発する「急性合併症」と、じわじわ進行する「慢性合併症」があります。
一時的に意識を失ってしまう「糖尿病性昏睡(ケトアシドーシス)」や感染症などは急性合併症です。

一方、慢性合併症には脳梗塞や狭心症など太い血管に症状が出る「大血管障害」と、毛細血管など細い血管に症状が出る「微小血管障害」があります。
「三大合併症」は微小血管障害の代表格と言われる疾患です。

完治が難しい「三大合併症」

糖尿病の三大合併症とは、「糖尿病性神経障害」「糖尿病性腎症」「糖尿病性網膜症」のことを指します。
それぞれどのような病気か見ていきましょう。

糖尿病性神経障害
手足のしびれ、ほてりや痛みなどの症状が現れます。
また、足にケガをしても痛みを感じないほど感覚がマヒするといった現象も起こります。
これは神経が侵されているからです。
さらに、自律神経にも支障をきたすと、胃腸の不調、排尿障害、勃起不全などが起こる場合もあります。
神経障害は三大合併症のなかで最も早く現れる症状とも言われ、糖尿病歴10年の患者のおよそ7割にこの症状が見られます。

糖尿病性網膜症
目の奥にある網膜の毛細血管が壊れて眼底出血が起こります。
軽度であれば目のかすみや視力の低下、進行すると失明に至ることもあります。
全失明患者の半数は糖尿病性網膜症とみなされ、糖尿病暦20年以上になると、およそ8割が網膜症を発症すると言われています。
若いときに糖尿病になった人ほど網膜症は重症化しやすくなります。
定期的に眼底検査を受けるなど早期発見に努めていれば進行を抑えられるのですが、糖尿病自体の自覚症状が少ないため、大出血や網膜剥離を起こして失明に至るケースが多くなっています。

糖尿病性腎症
高血糖状態が続いて腎臓の機能が低下し、血液をろ過して尿を作る働きが悪くなります。
初期のころは、高血圧・たんぱく尿・むくみなどの症状が現れ、症状が進行すると血液中に老廃物が溜まり腎臓が機能しなくなる尿毒症や腎不全といった重い症状を引き起こす可能性もあります。
時間をかけて慢性的に経過する腎臓病は「慢性腎臓病:CKD」と呼ばれています。
重症化すると透析治療や腎臓移植が必要になります。
新たに透析を始める患者のうち、およそ半数(第1位)は糖尿病性腎症が原因だと言われています。
進行すると手足の切断を余儀なくされる「糖尿病性神経障害」、失明の可能性がある「糖尿病性網膜症」、人工透析を一生続けなければならない「糖尿病性腎症」。
三大合併症はどれも生活の質(クオリティ・オブ・ライフ:QOL)を下げ、場合によっては死に至ることもある怖い病気と言えるでしょう。

予防のポイント:血糖のコントロール

糖尿病は自覚症状が現れにくい病気です。
それゆえに、食べ過ぎや運動不足、薬の服用を守らないなど、血糖値を上げてしまう状態に陥りやすいと言えます。
しかし、自覚症状がないことに油断して血糖コントロールを疎かにしていると、10年前後で神経障害が現れ、次いで、網膜障害、腎障害に至ってしまいます。
食事療法、運動療法、薬物療法によって適切な血糖コントロールを続ければ、病気の進行を抑え、周囲の人とほとんど変わらない生活を送ることも可能です。
そのためには、できるだけ早い段階で糖尿病を発見し、血糖コントロールを始めることです。
その上で、食事、運動、薬の服用など、医師の指示をきちんと守り継続的に治療を行う必要があります。
とくに食事療法などの習慣化はとても大事な要素と言えます。

<執筆者プロフィール>
藤尾 薫子(ふじお かおるこ)
保健師・看護師。株式会社 とらうべ 社員。産業保健(働く人の健康管理)のベテラン

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

【関連記事】
女性ならではの、糖尿病の初期症状はある?
長引く治療に気分の落ち込みが激しい…前向きに糖尿病とつき合っていくことのススメ
糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

2018/09/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部