出血

妊娠初期での出血…、大丈夫でしょうか?

妊娠初期は、せっかく授かった子どもが順調に成長してくれるのか、ちょっとしたことでも敏感になってしまうものです。今回は妊娠初期から微量の出血を数回経験している、妊娠2ヶ月のママさんからお悩み相談を受けました。看護師さんたちからどのようなアドバイスをいただけたでしょうか。

妊娠2ヶ月ママからの相談:「妊娠初期からの出血について」

妊娠検査薬で陽性が出た時点で妊娠6週目でした。その時から、少量の出血が下着についてしまうということが何回かありました。この出血は流産の可能性を示唆するものなのでしょうか。ネットで調べてみたら、妊娠初期にはよくあることだと書いてあったのですが、心配でたまりません。病院に行くまでもなくて自宅で様子を見ても良いのか、それともすぐにでも病院へ行って診察を受けた方が良いのか迷っています。せっかく授かった赤ちゃんなので絶対に流産は避けたいです。アドバイスをお願いいたします。(30代・女性)

妊娠初期の出血は珍しくはありません。心配ないことも多いです

妊娠初期の出血は様々な原因があり、決して珍しいことではないようです。

妊娠初期の出血の原因には、着床出血・絨毛膜下出血・ポリープやびらんによるものなどがあります。少量ですぐに治まるものでしたら心配ないことも多いですう。鮮血・血液の塊が出る・腹痛を伴う出血・少量でも3日以上続く出血は注意しなければなりません。(看護師)
妊娠初期の出血は様々な原因があるので、一概に大丈夫とは言えないのも事実です。6週とのことですので、子宮内に胎嚢の確認ができていれば、この時期に一番心配な子宮外妊娠の可能性はあり得ませんので、その点は安心できます。(看護師)

しかし出血の色・量、頻度の確認を!場合によっては受診が必要な場合も

出血の色は?量は?出血が続くようであれば、受診をおすすめします。慌てることで出血がひどくなる場合もありますので、まずは落ち着いて行動しましょう。

鮮血・血液の塊が出る・腹痛を伴う出血・少量でも3日以上続く出血は注意しなければなりません。出血があれば、まずは自宅で安静にしてください。安静とは、トイレのような必要最低限の行動以外は控えることです。出血の色や量を観察してください。半日~1日安静にしても治まらないようでしたら、病院に連絡してください。安静が第一ですので、慌てて病院に行って動くことで出血を助長させる場合もあります。(看護師)
出血が茶色であれば古い出血、赤色であれば、現在進行形で出血している新しい出血といえます。少量で茶色の出血でしたら、新しい出血ではないので様子を見ていても大丈夫な場合が多いです。でも、妊娠初期の出血は、様々な原因があるので一概に大丈夫とは言えません。(看護師)

流産による出血が考えられる場合も

できれば避けたい流産、一体どのように行動すればよいのでしょうか。

流産の場合は出血の量が増え、色は茶色~赤色に変わっていくことが多いです。絶対に流産は避けたいとのことですので、心配であれば受診してエコーで赤ちゃんが無事か確認してもらった方が安心できると思います。万が一、流産しかけている場合でも、薬を内服したり入院して治療を受けることで、流産を防ぐことができます。また、産婦人科は電話で相談を行っているところも多くあります。電話で相談して様子を見て良いのか、すぐに受診した方が良いのか直接指示を仰ぐのも良いですね。(看護師)

安定期に入るまでもう少しです!お母さんの安定した精神と身体は、胎児にとても良い影響を与えます。誤った情報に流されずに、信頼できる医療機関等に相談し、マタニティライフを満喫しましょう。


2018/09/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)