調査・アンケート

子育てトレンド!妊娠・出産を機に禁煙した母親の割合

気になる子を持つ母親とタバコの関係

妊娠、育児中の母親に向けたツールアプリやメディアを展開する株式会社カラダノートが、母親のタバコと育児に関する意識調査を行いました。

今回の調査は同社が運営するメディア「カラダノートママ部」のユーザーを対象に行われました。

妊娠・出産を機に禁煙した母親の割合は全体の6割

まず初めに「妊娠・出産をきっかけに禁煙したことがあるか?」という質問では、約6割(483名)の母親があると答えました。 このうち1歳未満の子どもを持つ人が86.5%となっています。

次に「妊娠出産を機に禁煙したが、産後喫煙を再開したか?」という質問では、15%(121名)の母親が「はい」と答えした。 そのうち54.5%が産後3カ月以内に喫煙を再開したと答え、産後1年未満までに再開した人は78.5%という結果になっています。 また、再開した理由として多かった「ストレス」で35.5%。次いで「まわりが吸っていたから」と「卒乳」と回答しています。

更に調査を進めたところ、「子どもの前で吸わない、子どものいる部屋で吸わない」を徹底している人が57.85%という結果も分かりました。 また、5.78%の人が「授乳間隔があいたときなどに吸うようにしている」と回答しました。

参考サイト

株式会社カラダノート プレスリリース(PRTIMES)


2018/09/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部