人見知り

2018/09/11

下を向いてばかりで挨拶できない5歳児、このままでよい?

下を向いてばかりで挨拶できない5歳児、このままでよい?

小さい頃は人見知りがひどく、5歳になった今でも挨拶ができないという5歳児についての相談です。挨拶のできる子になってほしいとママは焦っているようですが、専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

5歳児のママからの相談:「人見知り?挨拶しない娘」

幼稚園年長の5歳の娘のことです。1~2歳の頃は人見知りがひどく他人と目が合っただけで泣いていました。大きくなるにつれて人見知りはなくなってきたように思うのですが、挨拶をしません。マンションのエレベーターで挨拶してもらっても下を向いているだけです。親が挨拶している姿を見せることが大切と聞いて、私自身は人にきちんと挨拶するように心がけています。来年からは小学生なので少し心配です。挨拶できる子になってほしいと思っています。このまま様子を見てよいでしょうか。(30代・女性)

性格により個人差があるので焦る必要はない

子どもによって、内向的だったり知らない人が苦手だったりして、挨拶がなかなかできないことがあるようです。現段階では焦らず見守ってよいというアドバイスでした。

挨拶が出来ない理由は、子どもによって様々ですが、性格的な理由が大きいかもしれません。引っ込み思案・内向的・恥ずかしがり屋・内弁慶の子は、家庭の中では挨拶をできても、見慣れない人や初めて会う人には挨拶ができないことがあります。小学校に上がっても、挨拶が出来ない子は多くいます。まだ5歳ですので、焦る必要はないでしょう。(看護師)
お友達とは遊べているでしょうか?知らない人と会うと緊張するのかもしれません。大人も同じですが、人と触れ合うのが苦手な子もいますし、自分から話しかけることができない子もいます。(看護師)
成長と共に改善されているのでしたら、そのまま見守ってよいかと思います。お子さんの前で「人見知りが激しくて…」と言わないようにしてください。(看護師)

引き続き手本を見せつつよく褒めて

挨拶をさせようとプレッシャーをかけるのではなく、引き続き大人がきちんと挨拶している姿を見せつつ、少しでも出来たらたくさん褒めてあげることが勧められています。

家庭の中で挨拶ができたり、声には出せなくても会釈が出来たら、それをたくさん褒めてあげましょう。挨拶ができなかったからと「挨拶をしなさい!」と怒ったり、頭を下げさせたりすると、子どもがプレッシャーとストレスを感じてしまいます。大人が挨拶をする姿を見せていれば、必ず子どももできるようになりますので、子どもが出来るようになるのを待ってあげるとよいでしょう。(看護師)
親がきちんと挨拶をしている姿を見せるのはよいことです。親の態度から学ぶことがあると思います。挨拶のできない子と思わず、できた時は褒めてあげてください。小学校に上がれば挨拶の仕方も教わります。その時にママがやっていたなと思い、できるようになるかもしれません。また、お友達が増えれば、コミュニケーションのとり方も学んでいきます。(看護師)

子どもの性格によっては、5歳になってもなかなか挨拶ができないことがあるようです。焦ってプレッシャーをかけたりせず、少しでも出来たらたくさん褒めるようにし、引き続き親が挨拶する手本を見せてあげることが勧められています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加