じんましん

食後に短時間だけ出る蕁麻疹…病院に行くべき?様子を見るべき?

子どもの食物アレルギーに悩むママは少なくありません。今回は3歳児のママからの相談です。たまに食後に蕁麻疹が出ることがあるものの、1時間程度で治まるため、病院に行くべきか悩んでいるといいます。専門家からはどんな回答が寄せられたでしょうか。

3歳児のママからの相談:「短時間だけ現れる蕁麻疹の対処法」

子どもの食物アレルギーの場合、全身にブツブツが出て痒みが出たり、嘔吐や呼吸困難になったり、意識を失ったりすれば、病院に駆けつけて当然と思うのですが、我が子はそこまでの症状はなく、何かを食べた時に腕や足に数個ぐらいの蕁麻疹が出ます。それも数十分や1時間くらいで症状が治まるため、病院に行った時には症状が何も出ていない状態で、かゆみ止め等の症状を抑える服用薬を貰うだけです。これくらいの症状なら病院に行かず、家で治まるのを待つ方が良いでしょうか。(30代・女性)

長期にわたると慢性化する可能性も

最初は軽症でも原因物質に晒され続けると慢性化する可能性があるようです。

食物性アレルギーは出現する症状や程度が様々で、症状の1つに蕁麻疹があります。言い方を代えると、蕁麻疹には非アレルギー性とアレルギー性とがあり、アレルギー性の蕁麻疹のうち食物が原因のものがあるということになります。(看護師)
アレルギー性蕁麻疹は、原因となる物質(食品・薬物・ダニ等)を摂取後、30分~1時間以内に症状が出現し、軽い場合は自然消失します。しかし原因物質に晒され続けると症状が重症化したり慢性化したりする可能性があり、出来る限り原因物質を遠ざける必要があります。(看護師)
どの食品が原因か大体の見当がついたとしても、アレルギー検査をしなければ特定出来ません。蕁麻疹が出た時は、症状が治まっていたとしても、重症化・慢性化しないよう、なるべく早い段階で受診しましょう。(看護師)

判断に迷ったら#8000に電話相談を

受診前に「子ども医療電話相談事業」(#8000)に相談するのが良いとの声もありました。

判断に迷うこともあると思います。数個の蕁麻疹なら自宅で様子を見ても良いですが、皮膚に蕁麻疹が出た場合、気管支や食道粘膜がむくみ狭くなっている 可能性もあります。症状が治まるまではお子さんから目を離さないようにして下さい。咳き込んだり呼吸が荒くなったり、症状が酷くなる場合はすぐに病院を受診して下さい。(看護師)
受診する際は、何を摂取したかのリストを持参し、医師に伝えましょう。アレルギー検査をして原因の食品を特定し、専門医の診断の下で治療を受けましょう。食物アレルギーは成長と共に改善し、治癒するケースがほとんどです。(看護師)
アレルギーの症状は様々で、食べてすぐに症状が現れるものや、1、2日経って症状が出るものもあります。アレルギー症状が出たら思い当たるものをメモし、しばらく食べるのを止めるか次に食べる時は少量で様子をみて下さい。(看護師)
病院に行くか迷う場合は「子ども医療電話相談事業」(#8000)に電話すると、小児科の医師や看護師が相談にのってくれます。土日も夜~朝に営業している所が多いですが、地域によって異なるため、ホームページ等でご確認して下さい。(看護師)

食物性アレルギーは症状や頻度に個人差があるようです。病院を受診する際には食べた物のリストを持参するのが良いとのアドバイスもありました。


2018/09/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)