調査・アンケート

2018/09/24

ベビーシャワーが認知度調査!6割の女性が存在を認知

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

ベビーシャワーが認知度調査!6割の女性が存在を認知

べビーシャワージャパンが認知度調査を実施

一般社団法人ベビーシャワージャパンが、20~40代の女性約1,000名を対象に認知度調査を行いました。 今回の調査は2018年の6月上旬に、インターネット上で行われました。

ベビーシャワーとはアメリカ発祥の妊婦さんの安全祈願パーティのことです。

6割の女性がベビーシャワーを知っていると回答し、実際に使ったことがある人も

「ベビーシャワーを聞いたことがあるか?」という質問では、約6割の女性があると回答しました。 また、そのうち9割の女性が「何をやるか知っている」、「なんとなく知っている」と回答しました。

他にも、3割の女性が「実際に参加したことがある」と回答しています。

SNSで拡散され認知度向上

ベビーシャワーが日本で普及活動を始めた2013年頃は、ほとんど認知されていませんでした。徐々にSNS上で拡散されるようになり、認知度が上昇しました。

最近では、都市部を中心にベビーシャワーを行えるカフェやレストラン、ホテルのプランも増えてきました。 また、ベビーシャワーは普及を広げるため、様々な企業と連携し、イベントや講座を開催したり、企業の職場内での推奨活動も行っています。

他にも、6月6日をベビーシャワーの日と認定し、ベビーシャワーソングの配信など、精力的に普及活動を広げています。

参考サイト

一般社団法人ベビーシャワージャパン プレスリリース(PRTIMES)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加