新商品

最新脳科学で解明された新時代のエリートの育て方が書籍化

家庭で取り組める子どもの「自己肯定感」を高めるメソッドを紹介

株式会社大和書房は、家庭で取り組める子どもの「自己肯定感」を高めるメソッドが満載な『子どもの「才脳」を最大限に伸ばす「自己肯定感」を高める子育て』を7月23日より発売しました。

『子どもの「才脳」を最大限に伸ばす「自己肯定感」を高める子育て』では、子どもの人生に必要な資質をUCLA医科大精神科教授と児童心理セラピストのタッグで紹介しています。

ユニークな発想力を持つ人の共通点

NASAではこれまで、最高の学校を最高の成績で卒業したエリートを採用することに重点を置いていました。しかし、「自己肯定感」が高く、問題解決をいちばん得意とする人は、子どものときにものをつくったり、遊んだ経歴に特徴のある人でした。

ユニークな発想力を持つ人に共通するのは、「幼少期にたっぷりと自由な時間をもち、自由に遊んだ経験があること」でした。

好奇心や想像力を豊かにするために

子どもの好奇心や想像力を豊かにするためには、「子どもでいられる自由な時間」が必要です。宿題や習い事などに時間を取られてしまっていては、子どもが成長する機会を失ってしまいます。

『子どもの「才脳」を最大限に伸ばす「自己肯定感」を高める子育て』では、家庭で取り組める「自己肯定感」を高める方法を紹介しています。

参考サイト

株式会社 大和書房 プレスリリース(PRTIMES)


2018/09/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部