出産準備品

2018/09/30

いろいろな育児グッズの宣伝、本当に必要なものはどれ?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

いろいろな育児グッズの宣伝、本当に必要なものはどれ?

出産後に必要なものについて情報があふれる現代、本当に必要なものとそうでないものを見分けたいという相談が寄せられました。専門家の意見を聞いてみましょう。

妊娠12週のプレママからの相談:「育児グッズ、これ本当にいるのいらないの?」

出産後に本当に必要なグッズは何なのかを教えて欲しいです。本や雑誌やネットではよくこれが必要とか書いてありますが、それは宣伝で売れるためであると感じていて、全て買う必要はないとは思うのですが何を削っていいのかがわかりません。例えば、赤ちゃんが寝るときの寝具であればベビーベッドなのか布団なのか、サニーマットは大きい座布団で代用ができるのかなどです。ただでさえ出産や育児ではお金がかかるので、少しでも出費を抑えたいのが正直な気持ちです。(40代・女性)

産まれてすぐに必要なものは

まずは産まれてすぐに必要なものだけ揃えるのが賢いようです。どんなものが必要か、看護師さんたちに挙げていただきました。

それぞれ必要なものは異なると思いますが、必ず必要なもので赤ちゃん側は、オムツ・産着・ガーゼや柔らかいタオル・お尻拭き・哺乳瓶があり、ママ側では産後用パッド・授乳用ブラジャー・母乳パッド・腹帯(骨盤ベルト)などがあります。(看護師)
ミルクや哺乳瓶は、最初は病院で飲んでいたものをしばらく飲ませているというお母さんが多いですので、病院で何を使っているかを確認してから退院直前に購入しても良いでしょう。その後赤ちゃんの飲み方や価格などを見ながら自分と赤ちゃんに合うものを購入すると良いでしょう。また、哺乳瓶の洗浄用のスポンジや消毒器(消毒液)は退院直後から必ず必要になるものですので購入しておいても良いでしょう。(看護師)

ほかのものは産まれてからゆっくり考えて

最初から何もかも買い揃えるのではなく、急がないものは赤ちゃんと生活しながら考えていくとよいようです。

出産前にイメージしたことと、出産後の生活は違います。すぐに必要のないものは、赤ちゃんが生まれてから一緒に考えると良いでしょう。(看護師)
布団にもベビーベッドにもメリット・デメリットがあります。おっしゃるように全て買い揃える必要はありませんし、代用できるものは代用してよいと思います。また、ベビーベッドやベビーバスなど短期間使用するものはレンタルでもよいでしょう。(看護師)
サニーマットも布団で十分に代用できます。床が絨毯の場合はその上に洗濯できるカーペットやブランケットを敷いても良いですし、フローリングの場合はサニーマットよりもクッション性の高い赤ちゃんマットをおすすめします。サニーマットは歩きだす頃からは引っ掛かって転倒の危険があり、赤ちゃんマットの方が長く使えるからです。赤ちゃんマットの購入を考えるのも、寝返りを始めた頃からで十分ですので急ぐ必要はありません。(看護師)

哺乳瓶など出産後すぐに必要なものをまず準備し、ベビーベッドやサニーマットなどは赤ちゃんと生活しながら、必要かどうか・代用できるものがあるかどうかを考えるとよいというアドバイスでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加