産後の生活

睡眠不足ですが元気です。産後3ヶ月の身体の状態は?

産後は育児に夢中で自分の身体のことは二の次というママも多いようです。今回は産後3ヶ月のママから、睡眠不足の自覚はあるけど疲労がどの程度かわからないので、一般的な産後の身体の状況を知りたいとの相談です。専門家はなんと答えているでしょうか。

ママからの相談:「睡眠不足ですが元気です。産後3ヶ月の身体の状態を教えて。」

今2人目の子供が生まれてもう少しで3ヶ月になります。私自身の体調はとても元気だと思ってはいますが、育児に一生懸命で自分の身体がどれほど疲労しているのかよくわかりません。まだ数時間おきに夜中起きるし、朝起きてすっきり目覚めることは正直なく、昼寝をしないとしんどいときもあります。でも、身体的にはそんなに疲れた感じもないのですが、一般的に産後3ヶ月くらいはどのような身体の状態になっているのか知りたいです。(30代・女性)

まだホルモンバランスが整ってないので、疲れやすい時期です。

産後3ヶ月頃は、まだホルモンのバランスが整っておらず、疲れやすく、産後うつを発症しやすい時期でもあるとのこと。

生後3ヶ月になると、赤ちゃんも生活リズムが整い始め、授乳回数が決まってきたり・1回の寝る時間が長くなって、ママも休みがとれるようになります。ママの体は子宮は回復してきますが、出産の影響で尿失禁を起こすことがあります。また、まだホルモンのバランスが整っていませんから、疲れやすく、イライラしたり急に不安になったりと産後うつを発症しやすくもなります。(看護師)

元気だと思っていても、身体はまだ完全に回復していない状態。

自分では元気だと思っていても、身体はまだ完全に回復していないとのこと。無理せず、疲れたら横になって休むようアドバイスをいただきました。

赤ちゃんと部屋の中で過ごすことが多いので、運動不足で筋力が低下したり、免疫力が低下して風邪などにかかりやすくなります。本人は元気でも、身体はまだ完全に回復していない状態です。無理せず、疲れたら赤ちゃんが寝ている時はママも横になって休んでください。体調がいい時は、部屋の中でできるストレッチや体操などを行ってください。(看護師)

貧血や睡眠不足による免疫低下の可能性があります。

出産や授乳による貧血や、夜間授乳による睡眠不足から免疫が低下している可能性があるとのこと。

出産時の出血が多いと、母乳をあげることで中々鉄分の補給が完了せず、貧血が長引いている可能性があります。それに加え、夜間の授乳で慢性的な睡眠不足から疲れやすく、免疫が低下している状態です。熱を出したり風邪をひいたり、上の子が居る場合だと上の子の病気を貰ってしまいやすくなります。(看護師)

骨盤の緩みや姿勢不良により、腰痛を起こしやすくなります。

骨盤はまだまだ緩んでいる状態なので、授乳や抱っこによる姿勢不良から腰痛も起こしやすくなるとのこと。

子宮は産後6〜8週間で元の大きさに戻ると言われていますので子宮は非妊時の大きさまで戻っていると考えられますが、骨盤はまだまだ緩んでいる状態です。 さらに、授乳や赤ちゃんの抱っこ等の育児行動から無意識に姿勢不良を起こしやすい状態です。骨盤の緩み、姿勢不良に加え、出産による筋力低下から腰痛も起こしやすくなります。(看護師)

ホルモンバランスもまだ整っていない状態、適度な休息を。

産後3ヶ月頃からはホルモンバランスの変化から抜け毛の症状が出てくることもあるとのこと。適度に休息をとることが必要とアドバイスをいただきました。

不良姿勢であると、上腕や下腹部に皮下脂肪が増加しやすくなってしまうので産後の体型も戻りにくくなります。ホルモンバランスもまだ整っていない状態です。特に3ヶ月ごろからはホルモンバランスの変化から抜け毛の症状がでてくる時期になります。いずれにしても、まだまだ身体的に無理はできず、休息が必要な時期になります。適度に休息をとって休みつつ育児を行うようにしてください。(看護師)

赤ちゃんのお世話に一生懸命になっていると、ママの身体のケアは忘れがちですが、きちんと身体の状態を把握して、無理せず休息をとりながら育児をすることが大切なようです。

参考文献 :
堀内成子 編 エビデンスをもとに答える 妊産婦・授乳婦の疑問92 南江党 出版 2016.09


2018/10/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)