産後ダイエット

母乳が出ない人の産後ダイエット方法おしえて!

妊娠・出産によってホルモンや体形が崩れてしまうのは仕方がないことです。しかし産後ダイエットは今後続く育児のためにも必要不可欠です。母乳育児はやせやすいと聞きますが、ミルク育児のママはやせにくいのでしょうか?今回は1歳児ママからの相談です。ミルク育児で体重があと4㎏減らず悩むママですが、専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたのでしょうか。

1歳児のママからの相談:「ミルク育児をしています。おすすめの産後ダイエットについて教えてください。

妊娠中に15kg体重が増えました。増えても良い体重よりもかなりオーバーし、先生にも怒られていました。出産して簡単に減るものかと思っていましたが、最初は子どもの重さ分しか減らず、そこから退院までに7kgは減ったのですが、退院してからはまったく減りません。特に母乳で育児している人は体重が減りやすいと聞きますが、私は母乳もあまり出ず、ミルクで育てています。子どもが歩けるようになり、外で一緒に遊んだりするようになり、動きますが、それでもどうしてもあと4kg減りません。ミルクで育てている場合のおすすめのダイエット方法がありましたら教えてください。 (30代・女性)

一般的に妊娠中は10㎏ほどの体重増加がみられます

妊娠中は10㎏ほどの体重増加がみられ、産後半年まではやせやすい時期のようです。

一般的に妊娠中は10Kgほどの体重増加がありますが、赤ちゃんが3Kgとして、胎盤・羊水・血液を合わせても4Kgくらいで、残りはママに蓄えられたものです。産後すぐに3~4Kg減少しますが、産後半年を経過すると体重が減りにくくなります。(看護師)

産後ダイエットについて教えてください

産後のホルモンバランスの崩れや、なれない育児の疲れもあるので無理なダイエットは禁物です。徐々にはじめていきましょう。

ダイエットするには食事管理と運動がありますが、産後はホルモンバランスが不安定ですし、子育ての疲れもあるので、無理なダイエットは禁物です。体力の回復を優先して、徐々に体を動かすようにしてください。産後のストレッチ・骨盤矯正運動・ヨガなどの有酸素運動で基礎代謝をあげてください。(看護師)
産後のダイエットには、適度な運動が一番です。さらに、運動だけではなく食事療法を同時に取り入れることで産後の体重を減少させやすくできます。運動に関しては、有酸素運動を1週間に4~5回「ややきつい」と思える程度行うと効果がでやすいと言われています。運動する時間に関しては、運動内容によりますが45~120分程度行うと良いです。(看護師)

食生活の見直しも必要です

慣れない子育てで食生活が乱れている場合もあるようです。以下のことに気を付けましょう。

食事は糖分・脂肪分を控え、ビタミン・ミネラルを中心に低カロリーの和食を心がけてください。また、夜中に起きることもあるため、夜中につい甘い物を食べたり・子供が寝ている間に一気に食べたり・手軽なパンやお菓子などで食事をすませていないか、生活習慣も見直してください。(看護師)
食事はバランスの良い食事を心がけ、3食摂取し、普段よりもよく噛むようにできると良いですね。間食の内容や量、時間を見直してみましょう。夜遅い食事や、間食の時間を決めずにいつでも食べる、早食い、外食や弁当を買うことが多いなどの習慣は、あまり良くないとされています。(看護師)

姿勢の崩れも見逃せません

姿勢の崩れから、体形が崩れることも。育児行為からくる姿勢の崩れとはどんなものなのでしょうか。

産後は育児行為による体の使い方の偏りから姿勢の崩れが起こっている可能性が高く、不良姿勢であると上腕や下腹部に皮下脂肪が増加しやすくなってしまうので常に良い姿勢を心掛けることも体型をもどす事には必要です。(看護師)

妊娠・出産によって妊娠前に比べて筋肉量が落ちてしまい、そして基礎代謝が落ちてしまうのも産後太りの要因です。適度な運動、バランスの摂れた食事を心掛け、元気な笑顔のママで育児を楽しみましょう。


2018/10/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)