妊婦健診

採血の時の血液が漏れるってどういう意味?

相談者さんは採血で青あざができた後、病院の看護師さんに血が漏れたからだと言われたそうです。それがどういう意味なのか分からなかったので、ここで看護師さんに詳しい回答をしてもらいます。

妊婦さんからの質問:「採血で、血が漏れたとはどういう状態なのでしょか。」

妊娠初期検査の採血で腕が青あざになりましたが、その時はあまり気にしませんでした。そして、その検査で血糖値が高いと言われたので、再検査でも採血を3回行いました。家に帰ると青あざが増えていて、とても気持ち悪い感じでした。夏で腕を出さないわけにもいかないので、仕方ないと思いましたが人の目が気になってしまいました。翌週に看護師さんに採血時にできたあざの件を聞いてみると、「止血不足か血が漏れたんでしょうね」と言われました。「血が漏れたってどういうこと?」と心の中で思いつつ、「大丈夫でしょうか?」と聞くと「たまに、このようになる方もいらっしゃるので大丈夫です!」と言われましたが、気になっています。血が漏れたとはどういうことでしょうか。よく分からないので教えて下さい。(20代 女性)

皮下出血を起こすことを、血が漏れると言います。

採血をした直後に血管は塞がりません。塞がるまでに血液が出てしまい、皮下出血を起こした状態のことを漏れると言います。青あざができやすい人は、しっかり圧迫をすることで、青あざを軽減されることもあります。

採血の時には直接、血管に針を刺しますから、針が血管を突き破って皮下で血液が血管外に漏れて皮下出血を起こすことがあります。また、採血後の止血が不十分ため、表面は止血していても、血管壁が塞がっていないため、皮下に血液が漏れて皮下出血を起こす場合もあります。日常生活に問題はありませんが、皮下出血は治まるまでに時間がかかり、見た目もよくありません。採血した後は、針を刺したところをピンポイントでしっかり(5分ほど)圧迫して止血してください。(看護師)

漏れた血は、自然に体の中に吸収されます。

血が漏れたと聞くと心配ですが、その血は細胞が吸収していくので問題はありません。 ただし、痛みがあったり、青あざ以外の症状があれば医師に相談しましょう。

皮膚の下に血液が漏れてしまった状態です。針は小さいものなので、採血の後少し抑えれば皮膚の穴は塞がります。しかし血管の方は穴が塞がるのに皮膚よりもう少しだけ時間がかかります。そのため、皮膚からの出血が止まったといって中途半端に止血をやめてしまう血管から少し血液が漏れ出てしまいます。漏れ出た血自体は時間が経つと細胞が吸収していくので、痛みが引かなかったり熱をもっていたりするなどの症状がなければ、問題ありません。(看護師)

このように、内出血を起こすと血が漏れたと言われるようです。自然になるものなので、気にしなくても大丈夫ですが、痛みが続いたりするなら医師に相談しましょう。


2018/10/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)