子育てと仕事の両立

【イクリレ】枡田絵理奈さん④ ~病児保育園やベビーシッター 仕事を続けるためにしたこととは~

万が一のことを考えて準備しています

貞松:お仕事と子育ての両立で気を付けていることや困ったことはありますか。

枡田:現在1ヶ月で3~4回ほど働いていますが、仕事の時は自分ひとりでは子育てができないので、私の両親に見てもらっています。 今はまだ学校へ通っていないので、東京へは私と子どもたちで来て見てもらっていますが、両親もまだ働いているので、この先小学校へ行きだしたらどうしたらよいか不安です。子どもは広島へ残って、誰かに見てもらい私だけ東京へ来るとか。

貞松:人によっては働きたくないという方もいますが、社会からニーズがあるうちは働いた方がいいと思います。お子さんもその姿見てますからね。 お子さんはテレビを見て枡田さんとわかりますか。

枡田:わかります。「あ、ママだ!」と言って不思議そうにしています。

貞松:お仕事の時に、お子さんが熱を出したり、病気をしたときはどうしていますか。

枡田:一度、親子共倒れで40度くらい熱が出たときにベビーシッター見てもらったことがあるんですが、あらかじめ病児保育園のリストを作成し、ここにこういう病院があるから見てもらえるとか、病児でも見てもらえるベビーシッターにも登録をしているので、何かあった時は見てもらえる状態にしています。

貞松:アナウンサーのようなお仕事の場合、前からスケジュールが決まっているので休めないですもんね。

枡田:そうですね。 子どもって本当に不思議で、来週のこの日に旅行に行く予定が決まっていると、こっちの緊張感が伝わっているのかもしれませんが、その日に熱が出たりして、すごいタイミングで風邪引くなっていうのがありますよね。

貞松:保育園や幼稚園に通いだすと、またすぐ風邪をひいたり、1ヶ月間まるまる具合が悪いとかありますよね。

『母になったからできること』にも挑戦していきたい

貞松:お仕事の復帰はいつ、どうやって決めましたか。

枡田: TBSの生放送に産後2ヶ月で復帰しました。 年1回の番組ですが、毎年私にと言ってくださる番組があり、復帰するならこの番組と決めていました。 その番組へ出演し、その後はまたお休みさせて頂いて、半年後くらいから徐々に復帰しました。

貞松:今後もアナウンサーを続けていかれる予定ですか。

枡田:そうですね。あと、文章を書くことに興味があるので、雑誌で育児や食育の執筆など新しいことにもチャレンジしてみたいです。

貞松:枡田さんは幸せそうですね。

枡田:ありがとうございます。もともとかなりのプラス思考ですし、メンタルも人より強いと思うので、どんな環境でも楽しめるタイプだとは思います。

第四回目は子育てと仕事の両立についてうかがいました。枡田さんもダンナさんも職業柄お休みすることは難しいですが、お子様の万が一のことを考えてベビーシッターに登録したり、病児保育のリストを作成していたりと用意周到な印象を受けました。向上心も高く今後の活躍も楽しみですね。第五回目は保育業界ついてうかがいます。次回もお楽しみに!


2018/10/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクリレ編集部