転院

股関節脱臼をしている人のお産は大丈夫?

今回の質問者さんは普段から股関節脱臼による足の痛みがあるそうです。そのため、お産の時に足を長時間広げることへの不安を感じていますが、看護師さんはどのような回答をしてくれるでしょう。

妊娠33週の妊婦さんからの質問:「股関節脱臼がありますが、お産に影響はありますか?」

私は初産婦で、実家とは離れたところに住んでいます。 車だと実家まで6時間はかかりますし、電車でも帰りづらく、旦那のいるところで出産したい気持ちが強いため里帰り出産はしません。 小さい頃に股関節脱臼して、足を長時間開くのが苦手で痛みも感じるので、出産のときに関節が酷く痛みそうで不安です。 地元だと行きつけの病院がありますが、今のところだと足の具合を完全に把握してもらえていないので、尚更不安に感じます。 過去に股関節脱臼していても、普通分娩で大丈夫なのでしょうか?(20代 女性)

股関節を広げる訓練をするのが効果的です。

分娩時はやはり股関節を広げることが大切です。あくまで無理をしない範囲で、医師と相談しながら、股関節が動きやすいように運動をしてみてはいかがでしょうか。

分娩の時には足を大きく開かなくてはなりませんから、現在の主治医に分娩時の体勢についてや足のことを相談してください。少しでも股関節の負担を減らすために、散歩・スクワット・股関節のストレッチを行ってください。ストレッチは病院でも指導されるでしょうし、ネットなどでも多く取り上げられています。痛みがある時やお腹が張るときは無理せずに、ストレッチを始める時期も主治医に相談してください。(看護師)

事前に、医師に股関節脱臼のことを相談しておきましょう。

股関節脱臼により、長時間足を開くことが心配だということを、早めに医師に伝えておきます。そうすることで、産むときに負担が少ないように配慮してくれるでしょう。また、産後に痛みが出る場合もありますので、お産の後でもこまめに自分の身体の状態を伝えておいた方が良いです。

基本的には普通分娩が可能です。心配であれば、地元の行きつけの病院の医師に出産が可能か確認するといいですね。不安なら尚更、どういう時に痛むのか、出産のどういう場面が気になるのかといった点を出産する施設の医師や助産師に早めに相談しましょう。普通分娩となった場合、その情報があれば助産師も痛みや不安に対する対応がより細かくできます。産後に予測される痛みも考えながら、スタッフ達と相談して準備することをお勧めします。(看護師)

このように、股関節脱臼で不安に思っていることは主治医や看護師に詳しく伝えておきましょう。病院は股関節のことを考え、より細かい対応をしてくれると思いますので、産むときの不安も少し解消できます。


2018/10/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)