経腟分娩(自然分娩)

予定分娩は普通分娩より陣痛が痛いって本当?

予定分娩を希望している妊婦さんからの相談です。陣痛促進剤を使用すると普通分娩よりも陣痛が痛いのではないかと不安に感じています。専門家の意見を見てみましょう。

妊娠33週の女性からの相談:「予定分娩は陣痛の痛みが強いのですか?」

今回、3人目を妊娠しています。1人目の出産の際も、2人目の出産の際にも、タイミングが合わずに夫の付き添いができず出産を行いました。今回の控えている出産では、上の子の学校もあるため、予定分娩を希望しており、夫にも立ち会ってもらう予定です。ネットなどで色々調べているのですが、促進剤を使用した場合、子宮口が一気に開くため、陣痛もかなり辛いという記載を見て、少し怖くなりました。自然分娩で産みたいのもやまやまですが、夫の仕事や子どもの予定を考えるとやはり予定分娩で出産を望みたい気持ちが大きいです。実際のところ、陣痛の痛みの程度は普通分娩の際と違う物なのでしょうか。(30代・女性)

個人差はあるものの痛みが強い可能性は否めない

予定分娩で陣痛促進剤を使用すると、個人差はあるものの痛みを強く感じる可能性があるようです。また、陣痛促進剤は人によって効果が違うことから、予定通りにお産が進むとは限らないとのことです。

陣痛は子宮口を開けて、赤ちゃんを押し出すという作用になるのですが、薬の力で急にそれらを進めるので自然に進む陣痛より手助けされている分、薬が効いてくると痛みは強いかもしれません。(看護師)
陣痛促進剤は人によって効果が違いますので、予定分娩でも確実にその日に産めるとは限らないことはご理解ください。(看護師)

陣痛促進剤が効きすぎると過強陣痛が引き起こされる場合も

可能性は低いものの、陣痛促進剤が効きすぎると過強陣痛が引き起こされる場合があるようです。

点滴や内服で薬が効きすぎてしまうと、陣痛が強くなりすぎる過強陣痛となる可能性があります。過強陣痛となると、文字の通り「強すぎる陣痛」なのでものすごく激痛ですし、強い子宮収縮で子宮が破裂してしまうことや、赤ちゃんも頻回の強い陣痛が続くことでストレスがかかり苦しくなってしまうことがあります。過強陣痛の徴候があるようなら、薬を一旦中止するなどの対処をします。(看護師)
しかし、このようなことが起こらないようNST(お腹につけるモニター)で陣痛の強さや赤ちゃんが苦しくないかをきちんと確認しながら陣痛促進剤を使っていくため、現在は問題が起きることはほとんど無いです。(看護師)

予定分娩で陣痛促進剤を使用すると、痛みを強く感じる場合や過強陣痛が引き起こされる場合があることをご理解いただけたでしょうか?ただ、経産婦であれば短時間で産まれることが多いので、それほど痛みが長くない可能性も十分にあるとのことです。


2018/10/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)