いきみ

いきみといきみ逃しのタイミングはどうすればいいの?

初産婦さんにとって、出産は未知の世界です。母親学級などで教えてもらっても実際にできるのかどうか不安というママも多いと思います。今回はいきみといきみ逃しのタイミングがよくわからないので、わかるように教えて欲しいというママからの相談です。看護師さんたちからはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

ママからの相談:「いきみといきみ逃しのタイミングをわかりやすく教えてください。」

初産婦です。母親学級で分娩の仕方を習っているのですが、いきみ方といきみ逃しのやり方がまだよくわかりません。「陣痛が何分間隔になったら」などと言うところも初めてなのでいまいち把握できず、実際にお産になった時にきちんといきむことが出来るのかどうか、助産師さんの指示通りにいきみ逃しができるかどうか不安でたまりません。いきみを逃すタイミング、いきむタイミングがわかるように指導していただきたいです。(30代・女性)

子宮口が全開になるまではいきみ逃しを。

陣痛が強くなるといきみたくなりますが、子宮口全開になるまでは、進行状態に合わせた呼吸法をしていきみ逃しをする必要があるとのことです。

胎児はゆっくりと回旋しながら外陰部近くに下りてきますが、それを手助けするためにいきむ必要があります。陣痛が始まり、子宮口が10cmほど開いたらタイミングを図りスタッフがいきみ始めるように声をかけてくれます。陣痛が強くなってくるといきみたくなりますが、子宮口が全開になるまでは進行状態に合わせた呼吸法で、いきみ逃しをしなければなりません。息をするときには、息を吐く方を意識してください。吸う方を意識すると吸いすぎて過呼吸になりやすいです。(看護師)

医師や助産師の声かけに集中することが大切です。

分娩の状況に応じて医師や助産師がいきむタイミングを教えてくれるので、声かけに集中するようアドバイスをいただきました。

医師や助産師がいきんでくださいと言ったら、大きく2回深呼吸し、3回目で大きく息を吸い込んでいきみます。いきんだ後は急に力を抜かず、細く長く息を吐き出します。これを繰り返し、いきみストップの合図があれば、ハッハッハッと短い呼吸で赤ちゃんが出てくるのを待ちます。場合によっては、痛みでパニックになり、呼吸することに夢中で過呼吸になる方もいますから、慌てず医師や助産師の声かけに集中してください。(看護師)

いきみたい感じが我慢できなくなったら“フーウン呼吸”を。

いきみたい感じを我慢できなくなったら、深呼吸の後に鼻から息を出すようにウンと声を出す“フーウン呼吸”でいきみを逃がすといいそうです。

いきみを逃すのは子宮口全開大までです。陣痛が始まってから出産までは、基本的に鼻からゆっくり吸い、口から吐く深呼吸をします。陣痛がだんだん強くなってくると息を長く吐くことに集中して呼吸をすると良いです。いきみたくなる=便意に似ていますので、便意のようなものを感じ、それが我慢できなくなってきたら基本の深呼吸のように鼻から息を吸い口からフーと長めに吐いてから、鼻から息を出すようにウンと声を出すというフーウン呼吸に切り替えていきみを逃していきます。(看護師)

胎児の頭が下がるまではいきみ逃しが必要です。

胎児の頭が高いうちにいきむと胎児への負担に加えて産道に傷がつくこともあるので、頭が下がるまでいきみ逃しが必要とのこと。

子宮口が全開大しても胎児の頭が下がってこない場合は引き続きいきみ逃しをします。いきんでいる間は胎児に充分な酸素がいき難くなり、胎児の頭が高い位置からいきむと産道に傷や血腫ができることもあるので、医師や助産師の指示が出たら思い切りいきんでください。頭が出たら、いきむのを止めてフーフーもしくはハッハッハッとゆっくり息を吐く短息呼吸をします。呼吸に集中して上手に力を抜くと胎児が出てきやすくなります。(看護師)
基本的に、スタッフがどの呼吸がいいのか教えてくれます。もし、そばにスタッフがおらずどの呼吸かわからない場合は、陣痛がそれほど辛くないときには普通の呼吸をしましょう。だんだん痛くなってきて、お腹に力が入ってしまうというときは少し早い呼吸をします。いきみを強く感じるときはもっと早いハッハッハッという呼吸をしましょう。力が入ったりいきんだりする暇がないペースで呼吸をすると、赤ちゃんに不要な圧迫を与えないで済みます。あまりつらくないのに、早い段階から早めの呼吸をすると過呼吸になることがありますので注意です。
わからない場合は、スタッフにどの呼吸がいいのかきくといいですよ。誰にも聞かないで自分で呼吸法ができる人はあまりいません。初産婦さんなので、どの時期にどの呼吸をするかはわからなくてもあたりまえです。「この呼吸をしてね」と言われたときに、その呼吸はどんなふうにするのかがわかれば大丈夫です。(看護師)

いきみといきみ逃しのタイミングは、医師や助産師さんが指示を出してくれるので、声かけに集中するといいようです。深呼吸や、フーウン呼吸などイメージトレーニングをして本番に臨みましょう。


2018/11/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)