落ち着きが無い

落ち着きのない男の子…おとなしくしてくれる日は来る?

小さい頃から男の子は元気な子が多いといわれます。同じ年頃だとどうしても女の子の方が落ち着いているように見えますが、これは性別によるものなのでしょうか。専門家に聞いてみました。

1歳児のママからの相談:「男の子と女の子の遊び方の違いについて」

1歳4ヶ月の息子がいますが、児童館や公園などに遊びに行くと、同い年くらいの女の子はみな本を読んだりぬいぐるみで遊んでいたりしておとなしく座っています。逆に息子を含め、男の子は走り回ったり物を投げたり落ち着きがなく、その場にじっとしている男の子はほとんど見たことがありません。個性だとは思うのですが、男の子と女の子では好奇心に違いがあるのでしょうか。これから大人しくしてくれる日は来るのでしょうか。(40代・女性)

男女で違う発達過程。遊び方にも影響が

男女では生まれつき発達に違いがあり、その違いが遊び方にも現れるようです。

男女の違いは脳の構造の違いやホルモンが影響しているという説や、大人が一般的なイメージや先入観から自然と「男の子だから車のおもちゃで」「女の子だからお人形で」といった働きかけをしていることも影響しているという考えもあるようです。(看護師)
男女は生まれつき、脳機能やホルモンにより、性別差があることは解明されています。女の子の方が言葉の発達が早いといわれるのも脳の機能の違いだといわれ、それが遊び方にも影響しているのです。女の子は絵本やごっこ遊びなど言葉を使った遊びを好むのに対し、男の子は身体を使った遊びや言葉が必要ない遊び(車や汽車遊びなど)を好むといわれています。(看護師)
遊び方は周囲からの影響も受けます。女の子だからお人形、男の子だから車を買い与えられ、最初に触れたもの・多く触れたものに興味を持つようになったり、周りが「女の子だから」「男の子だから」こうして遊びなさい等と誘導していたりする場合もあります。しかし遊び方も個性で、女の子でも身体を使った遊びが好きな子や、男の子でもお人形さんが好きな子もいます。(看護師)
今は援助を受けながら遊んでもらう遊びが中心ですが、これからはひとりで遊ぶ「ひとり遊び」や、周りの友達を意識しながら遊ぶ「平行遊び」、同じ遊びをする「連合遊び」、同じ目的を持って遊ぶ「協同遊び」へと遊び方も発達していきます。おとなしく遊ぶようになるかはその子が興味を示すもの次第なのでわかりませんが、遊びの中で社会性が育まれ、徐々に周囲と調和しながら遊ぶことが出来るようになるでしょう。(看護師)

男の子には身体を動かしたい欲求がある

男の子は本質的に身体を動かしたい欲求があるため、怪我をしないよう見守ってあげるのが良いようです。

子どもの好奇心や遊び方には個性がありますが、男女で傾向の違いがあることは様々な研究で示されています。男の子は身体を大きく動かすことが好きで、動きのある物を見ることも好きだといわれています。一方、女の子は真似事が好きで、相手の表情を見ることが上手く、聞き上手でお喋りのスタートも早いといわれています。(看護師)
我が家も女の子と男の子を育てていますが、どちらかというと男の子は落ち着きがない印象があります。一方で好奇心旺盛な女の子もいます。個性なのであまり心配しなくて良いかと思います。確かに女の子のようにお行儀よく振舞ってくれれば親としても助かるかもしれませんが、出来ればこれから様々なことを学んでいく子どもの好奇心旺盛な姿を温かく見守ってあげて下さい。(看護師)
万が一、落ち着きがなくて学校生活や日常生活に支障が出る場合は注意が必要です。何かに執着したり、じっとしていられなかったり、集中出来ない様子が小学校高学年まで見られるようであれば、一度専門家へ相談しましょう。もし現段階でも心配なようであれば、小児科の先生や地域の保健師さんに相談してみても良いでしょう。(看護師)
出来ればお子さんにおとなしくしてほしいとお考えでしょうか。成長により指示を理解出来るようになったり、状況判断が出来るようになったりすれば、自然とおとなしく出来るようになると思いますので、小さいうちは思う存分身体を動かして遊ばせてあげて下さい。(看護師)
男の子は本質的に「身体を動かしたい」という欲求があるので、おとなしくさせようと押さえつけ過ぎるとお子さんにとってストレスになります。怪我や周りに迷惑をかけないか等、心配も尽きないかと思いますが、男の子はこういうものなのだと受け入れてあげて下さいね。(看護師)

性別や個性によって子どもの遊び方は異なるため、その子ならではの好奇心を温かく見守ってあげるのが良いようです。生活に支障が出るほど落ち着きがない場合は一度相談した方が良いとのアドバイスもありました。


2018/11/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)