産後の腰痛

赤ちゃんの抱っこが辛い…産後の腰痛を治すには?

産後、腰痛に悩まされる方は少なくありません。今回の相談者様は、なかなか改善されない腰痛に悩んでいます。専門家はどのように答えているのでしょうか。

腰痛に悩むママからの相談:「息子の抱っこが大変です」

お腹にいた頃から息子が少し大きめだったこともあり、私の体格が小柄だったためかお腹がとても大きくなっていました。後期に入った頃から腰痛が少しずつひどくなり、産後半年を経ちましたがなかなか改善されません。しばらくはサポーターなどをつけたりもしていましたが、暑くてやめてしまいました。今でもベッドに横たわっても痛みがあることもあります。既に8㎏を越した結構大きめの息子なので、抱っこが大変です。痛みがなければ大好きな「たかいたかい」も、もっとできるのですが。いつか治るのでしょうか。(20代・女性)

妊娠中から産後にかけては腰痛になりやすい

妊娠中から産後にかけては、腰への負担がかかりやすいことから腰痛になりやすいようです。さらに、授乳や赤ちゃんの抱っこは、腰痛を悪化させてしまう要因になるとの回答でした。

妊娠中はお腹が大きくなる分、背を反らすような歪んだ姿勢のまま生活をしてしまいます。そのため腰に負担がかかりやすいです。(看護師)
産後の腰痛は妊娠・出産によって緩んだ骨盤を腰の筋肉が支えようとすることによって起こります。また、授乳や赤ちゃんを抱っこする育児行為は身体の使い方に偏りが生じやすく腰痛を悪化させる要因になります。できるだけ授乳や抱っこなどは左右対称に、中腰でのケアは避けて、自分も楽なように考えてみてくださいね。(看護師)

治る時期は人それぞれのため改善方法を試しましょう

腰痛が治る時期は、人それぞれとのことです。少しでも早く治すために、腰痛の改善方法を試してみましょう。また、腰痛の原因に病的なものが潜んでいないか確認するためにも、病院を受診してみるようアドバイスがありました。

いつ頃腰痛が治るかは人それぞれなのでお答えすることはできませんが、少しでも改善させる方法はサポーター以外にもあるので試してみても良いかもしれません。例えば、腰を温める、背筋を伸ばして、胸を張る、おしりの穴をキュっとしめるように姿勢よく立つようにするなどです。(看護師)
サポーター以外で腰痛を改善させる方法として、骨盤ベルトの装着や筋力強化のための適度な運動があります。骨盤ベルトを装着することで、骨盤の緩みや歪みを矯正することができます。筋力強化の運動に関しては、特に背筋・腹筋・腸腰筋を鍛え脊椎の柔軟性を高めることで腰痛が軽減するといわれています。 具体的な運動方法に関しては、インターネットで検索すると色々なものがでてきますが、簡単な方法としては俗に言う「腹筋」をするように仰向けで寝転び、膝を曲げて臍をみようとするだけで良いです。上半身を「腹筋」をするように起こすことができれば効果はさらに増しますが上半身を起こさなくてもこの筋トレだけで腹筋や腸腰筋は鍛えることができます。(看護師)
妊娠・出産によるものではなく病的な腰痛である可能性もあるのでこれ以上悪化する前に一度病院を受診して、病的な腰痛ではないか調べてもらっても良いと思います。(看護師)

腰痛の改善方法について、いくつかアドバイスがありました。今以上に悪化させないために、できることから取り組んでみましょう。また、お子様の大好きな「たかいたかい」は腰への負担が大きいので、腰痛が和らぐまではダンナさんや周りの方にやってもらいましょう。

参考文献:
堀内成子 編 エビデンスをもとに答える 妊産婦・授乳婦の疑問92  南江党 出版 2016.09

2018/12/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)