産後の体調不良

産後の体調不良が半年経っても治まらない…病院に行くべき?

産後の体調はいつ頃回復するのでしょうか。今回の相談者さんは産後半年経っても貧血や腰痛、肌荒れ等に悩んでいます。何が原因なのでしょうか。専門家に聞いてみました。

産後の体調についての相談:「産後半年経っても体調不良が治まらない」

産後の体調不良に悩んでいます。常に具合が悪く、貧血気味でフラフラしたり胃がもたれたりして身体が辛いです。最近では腰痛にも悩まされるようになりました。肌荒れも酷く、ニキビや吹き出物が顔中に出来ています。朝も起きられず常に眠い等、体調が悪いと感じる要素が多く、とても不安です。病院に行くべきでしょうか。(20代・女性)

妊娠中の女性ホルモン変化は体調不良の原因に

産前産後は女性ホルモンが大きく変化し、体調不良の原因となるようです。

妊娠出産で劇的に変化した女性ホルモンは産後すぐには元には戻りません。授乳やストレス、生活習慣(食事・睡眠など)の影響も受け、産後1年ほど安定しない場合もあり、生理が再開しなかったり再開しても無排卵となったりする場合もあります。(看護師)
女性ホルモン、特にエストロゲンは自律神経と密接に関わっています。女性ホルモンが乱れると自律神経も乱れ、その逆もあります。そのため産後、女性ホルモンが安定せず、自律神経失調症状(めまい・動機・頭痛・イライラなど)が現れることがあります。朝起きられないことも自律神経が原因の可能性があります。(看護師)

疲れたら休んで休息を。肌トラブルには保湿を

産後は無理をしがちですが、疲れたら休むのが良いようです。

女性ホルモンは皮膚に影響を及ぼし、皮膚トラブル(肌荒れ・乾燥・蕁麻疹など)を引き起こします。女性ホルモン・自律神経を整えるには、バランスのとれた食事習慣と休息が重要です。産後は赤ちゃんのお世話で休む暇がないと思いますが、赤ちゃんのお世話以外の家事は手を抜き、赤ちゃんと一緒にお昼寝したり、夜は一緒に休んだりして休息の時間を増やしましょう。(看護師)
めまい等の症状が自律神経失調症状なのか、貧血の問題があるかは病院での検査診察が必要です。症状が酷い場合は一度病院を受診しましょう。(看護師)
ホルモンバランスの変化や、慣れない育児でのストレス・睡眠不足などが関与していると思います。特に産後1ヶ月の過ごし方はその後の体調に影響するといわれ、産褥期に無理をすると後々の体調が思わしくありません。育児で大変でしょうが疲れたら無理をせず、家事は家族に協力してもらって下さい。(看護師)
バランスのとれた食事や規則的な生活は難しいでしょうから、赤ちゃんが寝ている時はママも一緒に休むようにしましょう。顔は通常の肌ケアで保湿し、ニキビは潰さず、清潔と保湿を心がけて下さい。(看護師)
腰痛は妊娠出産で骨盤が開いて歪むことが原因で、改善には骨盤や腰を支える筋肉を鍛えることが必要です。ただ腰痛を我慢して無理な運動をすると症状悪化も懸念されます。腰痛が酷い場合は整形外科を受診しましょう。(看護師)
腰痛には骨盤矯正運動を行い、腰に負担のかかる姿勢は控えましょう。気になるなら病院で検査を受けるか、赤ちゃんの健診時に相談しても良いでしょう。(看護師)

産後は母体が完全に回復していないので家族に家事を協力してもらうのが良いようです。不安なら病院で相談するのが良いとのアドバイスもありました。


2018/11/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)