二人目妊娠

妊娠中に子どもを抱っこしても大丈夫?

妊娠中かつ1歳児の子育てをしているママからの相談です。お子さんがまだ小さく抱っこをせがむので、お腹の中の胎児に影響するのではないかと心配しているようです。専門家からはどのような回答が寄せられたか見ていきましょう。

1歳児のママからの相談:「初めての子育てと2人目の家族計画」

現在妊娠中で、1歳の娘の母です。初産では妊娠中は慎重に生活を送りました。しかし、今は娘がいるので、妊娠中も慎重な生活が送れず、抱っこや食事の準備など日々バタバタしています。子どもが抱っこをせがんでどんどん体の上に乗ってきたりしてお腹を圧迫されそうになるので、胎児への影響が気になります。あまりスキンシップをしない方がよいのでしょうか。(32歳・女性)

スキンシップは特に心配する必要はない

スキンシップくらいなら特に心配する必要はないようですが、お腹が張るなど身体の変化がある場合はスキンシップの方法を工夫した方が良さそうです。

2人目のお子様も楽しみですが、不安もありますよね。抱っこをしてお腹がいつもより張るなど変化があれば控えるようにしましょう。体の上に乗られてお腹を圧迫され続けたり思いっきり蹴られたりすることは良くないため注意しましょう。そのときの体調や状況把握も大切ですね。(看護師)
抱っこをしたり、お腹の上に乗って来ようとしたりすることによる母体や胎児への影響が気になることと思います。しかし、一般的に心配される流産は妊娠初期に起こることが多く、ほとんど赤ちゃんの要因で起こることが多いようです。通常のスキンシップ程度は特に問題ありません。また妊娠中はつわりが治まっても体調が優れないこともあるので、そんなときのお子様への対応が問題ですよね。(看護師)
状況は確かに人それぞれです。切迫流産の傾向や早産の危険性がある方は、特に慎重になることでしょう。ただし、いたずらにスキンシップを避けることは娘さんの心身の発達上良くはありません。懸念するより、自分の体調管理方法や体質を理解することが、まずは重要です。(看護師)
妊娠しているからと子どもとのスキンシップを控える必要はありません、妊娠は病気ではありませんので、過度に心配して慎重になり過ぎる必要もありません。基本的にはいつも通りで大丈夫です。体調が優れない場合は無理をせず、休むことをお勧めします。(看護師)

無理せずダンナさんの協力を仰ごう

できる範囲でスキンシップしつつ、ダンナさんがいるときは積極的に協力を仰ぐと良さそうです。

抱っこでないとぐずってしまうときなどは抱っこしてあげて、そうでない時はベビーカーに乗せる、ダンナさんに協力してもらうなど工夫をしてみてください。ときおりぎゅっと抱きしめてあげ、1人目のお子様も大好きだということを言葉で伝えてあげるなど、スキンシップやコミュニケーションの取り方を工夫してあげると良いと思います。(看護師)
お腹の赤ちゃんのことを1歳でもよく話してあげることで、お腹をなでてくれたり大切にしてくれることもあるので毎日言い聞かせてみるのも良いかもしれませんね。2人目を妊娠することは大変ですが素晴らしいことなので、工夫をしながら頑張ってください。(看護師)
上の子に我慢をさせることもあるかもしれませんが、お腹に赤ちゃんがいることや、小さい赤ちゃんをみんなで一緒に守ろうね、生まれてくるのが楽しみだね、と伝えてあげてください。座ったままぎゅっと抱っこしたり、一緒に寝転んで抱きしめてあげたりとできる範囲で最大限のスキンシップをとってください。(看護師)
ダンナさんを交えてお姉ちゃんになることを話してあげましょう。1歳児でも弟や妹になる赤ちゃんのことを、話してあげることは大切です。近い将来のより良い発育に繋がります。赤ちゃん返りをしたり、しっかりしたお姉さんになったり行きつ戻りつではありますが、自分よりも小さい妹や弟を、積極的に面倒を見て協力的になってくれることでしょう。(看護師)
ダンナさんの協力も積極的に仰ぎ、家族全員で新しい命を迎える準備をして行きましょう。家事全般、子育てにおいても一人で抱え込まず。家族同士のより良い協力体制作りが大切です。苦労も喜びも共有し、出来る限り楽しむ意識が大切です。(看護師)

切迫早産の疑いがあれば注意が必要ですが、基本的にスキンシップ程度なら母体に問題はないようです。お子様は1歳なのでまだ理解できないかもしれませんが家族全員で新しい命を迎え、守っていくことを伝えると良い発育にも繋がるとのことです。ダンナさんがいるときには協力を仰ぎ、家族全員で新しい命を迎える準備をすると良さそうです。


2018/11/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)