しつけ

次女が生まれて長女が可愛く感じられない…母親失格?

2歳の次女を甘やかし、8歳の長女にきつくあたってしまうという悩みが寄せられました。母親失格ではないかと心配しているようですが、専門家はなんとアドバイスしているでしょうか。

1歳児のママからの相談:「次女出産後の長女への接し方について」

2年前に6歳差で第2子を出産しました。2人とも女の子です。年齢差があるせいか、まだ手のかかる次女を甘やかしてしまい、長女への接し方がとてもきついのを自分でも感じていて悩んでいます。次女出産と長女小学校入学がほぼ同時期なのもあって、長女の生活態度(早く着替えなさい、勉強しなさい、といちいち次の行動を促すのにほとんど言うことを聞かずに怠けている様子)や勉強のつまずきにイライラしてしまって感情的に怒ったり、時には叩いたりしてしまいます。出来ることより出来ないことばかり気になり、怒ってばかりの毎日です。長女は私の暴言を受けて、自分のことを過小評価したり自信のないようなことを口にしたりすることもよくあります。この頃は長女が言い返すようになったのもあり、あまり可愛いと感じられないことがあります。母親失格な気がしてとても不安です。これから私たち親子の関係は改善するでしょうか。(30代・女性)

母親失格とは考えないで

ママのホルモンの変化と長女の幼児退行が重なって、関係が難しくなっているようです。

産後は、女性ホルモンのバランスの変化により精神的に不安定になります。まだ手のかかる上の子のお世話をしながら赤ちゃんを育てることは容易なことではありません。お母さん失格とは考えないでくださいね。(看護師)
下の子が生まれると、上の子は何歳であっても赤ちゃん返り(幼児退行)をします。これまでお母さんを独り占めしていたのに、お母さんは赤ちゃんにべったりで、まだ自分も抱っこして欲しいのになかなか素直に言えなかったり、言っても「赤ちゃんがいるから」と抱っこしてもらえなかったりします。(看護師)
そのため、かまってもらおうとして、今まで出来ていたことも「出来ない」「手伝って」と言うようになります。決して怠けているのではなく、お母さんの愛情を確認したいのです。(看護師)

褒めること、甘えさせることが大切

よく褒め、甘えさせてあげることが、子どもの気持ちを安定させ親子の関係を改善するカギであるようです。

怒るよりも褒めることが重要です。当たり前のことでも出来たときには褒めてあげましょう。また、甘えさせてあげることが大切です。上の子と2人だけで遊ぶ時間を作ったり、スキンシップをとったりして、お母さんにとって大切な存在であることを行動と言葉で伝えてあげましょう。褒められ、甘えるうちに、自分の存在に自信が持て、自己肯定感が高まり、気持ちが安定してきます。親子ですから関係は改善します。(看護師)
上手くできなくて当たり前、できることが凄いことだと、気持ちに余裕を持ってください。「もうお姉ちゃんなんだから(お姉ちゃんなのに)」と子どもにプレッシャーを与える発言はしないでください。(看護師)

第2子が生まれると、第1子は幼児退行を起こすことが多いようです。母親失格などとは思わず、スキンシップをとり、お母さんにとって大切な存在であることを行動と言葉で伝えて、関係を改善させていきましょう。


2018/11/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)