風邪

保育園に入園以来、風邪引きが治らない…どうしたら予防出来る?

集団生活が始まると風邪を引く機会が増える子どももいます。今回は3歳児のママからの相談です。保育園に入園以来いつも風邪を引いており、治ったと思っても保育園でまたすぐに風邪をもらってしまうといいます。免疫力が低いのかと悩むママですが、専門家からはどんなアドバイスが寄せられたでしょうか。

3歳児のママからの相談:「保育園に入園してから風邪ばかり引いている」

3歳の娘は保育園に入園してからずっと風邪を引いている状態です。治ったと思ってもすぐに次の風邪の菌をもらってきてしまいます。他の子どもは我が家ほど頻繁に風邪を引いていないようなのですが、うちの子だけが身体が弱いのでしょうか。どうすれば抵抗力や免疫力を高めることが出来るのでしょうか。何度も風邪を繰り返しているため、常に鼻も垂れていて見ていて本当に可哀想です。親として出来ることはありますか。(30代・女性)

風邪を引くことで身に着く免疫力。重症でなければ見守って

病気になることで免疫力は高まるといいます。親としては心配ですが重症でなければ見守るのが良いとの声が寄せられました。

保育園や幼稚園など集団生活が始まると、子どもは様々なウイルスにさらされ、風邪を引きやすくなります。また、保育園の生活に適応するまではストレスや緊張によって免疫力が低下しやすいのも原因といわれます。これは集団生活の始まりで誰もが通る道です。風邪を引きながら新たな免疫を獲得し、免疫力が高まっていきますので、症状が重症(高熱・酷い咳など)でなければ心配し過ぎる必要はありません。(看護師)
我が家もそうでしたが、3歳を迎えるまでは1ヶ月に1回以上熱を出していました。親としては子どもの体調が心配になると思いますが、子どもは免疫力が低く、集団生活を始めれば、これまで以上に風邪を引くようになります。(看護師)
保育園のように集団の中で生活をすると、たくさんの人と接する機会がある分、色々な細菌やウイルスに感染する機会も増えます。小さな子どもは風邪を引きやすい、すぐに熱を出すとよくいいますが、実際は個人差が大きいです。一般的には3歳頃から少しずつ風邪を引きにくくなるといわれますが、3歳の時点で頻繁に風邪を引いていても、症状が治まった時に元気に遊ぶ様子が見られ、食欲もあれば問題視する必要はありません。(看護師)
子どもが風邪を引きやすい理由は「細菌やウイルスが体内に侵入してくる経路がある」「鼻や喉・気管支や腸などの粘膜のバリア機能が未熟である」ことが考えられます。バリア機能は成長とともに強くなり、風邪を引きにくい身体を作ります。(看護師)
保育園でも手洗い・うがい等の感染症対策をしているとは思いますが、それでもうつってしまいますよね。しかし、風邪を引かなければ免疫力は高まりません。鼻水が出ていればウイルスと戦っている証拠です。大人になってから罹ると重症になる風邪もあり、子どものうちに免疫をつけておいた方が良い場合もあります。(看護師)
お子さんが風邪を引くたび、かかった細菌やウイルスに対する免疫が作られます。絶えず風邪を繰り返しているお子さんを見ると可哀想に感じますが、風邪を引くことで色々な細菌やウイルスに対する免疫を得ているので、決して悪いことだけではありません。(看護師)

十分な睡眠とバランス良い食事を。うがい手洗いも忘れずに

免疫力を低下させないためには十分な睡眠とバランス良い食事が大切とのアドバイスもありました。

普段から免疫力が低下しない生活習慣を心がけることが重要です。「バランスのとれた食事習慣」と「十分な睡眠・休息」が心がけましょう。特に睡眠不足や睡眠リズムの乱れは免疫力を低下させるため、十分な睡眠をとらせることが特に大切です。そうすることで毎月一度は休んでいた子どもも次第に風邪を引かなくなり、休まず登園出来るようになっていきます。(看護師)
今から出来る免疫アップ方法は「手洗い・うがいの徹底」と「バランスの良い食事」です。子どもは好き嫌いがあるため難しいかもしれませんが、野菜スープでも十分に栄養が摂れます。たくさん食べていっぱい遊べば、少しずつ免疫力がアップしていくと思います。(看護師)
鼻水や軽い咳などの初期症状が見られたら、症状が悪化する前に早めに受診しましょう。また、季節の流行感染症(手足口病・インフルエンザ・ノロウイルス等)が流行しているという知らせがあれば普段よりも意識的に感染予防に努めましょう。(看護師)
保育園にいる間は難しいですが、お家では適切な室温や湿度を保ち、鼻水をしっかり吸い取って、鼻水で肌が荒れないようワセリンで保護する等、環境を整え、対症療法を行なってあげて下さい。急激に抵抗力や免疫力を高めることは出来ませんが、成長とともに必ず風邪を引きにくくなります。基本的なことですが、十分な睡眠と運動、バランスの良い食事を心がけ、長い目で見守ってあげて下さいね。(看護師)

心配し過ぎる必要はないようですが、鼻水や咳など初期症状があったら悪化する前に病院を受診するのが良いようです。インフルエンザやノロウイルス等が流行している時はいつも以上に感染予防に努めるのが良いとのアドバイスも寄せられました。

参考文献:
明橋 大二、吉崎 達郎 他 『子育てハッピーアドバイス 小児科の巻2』 1万年堂出版 2009年11月17日


2018/11/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)