産後ダイエット

帝王切開後の産後ダイエット。安静期間にも出来る運動とは?

身体機能が低下している帝王切開後には安静期間が設けられます。手術後や産後の身体にとって休憩することは重要です。今回は、出産後の体型に悩む女性からの相談です。安静にすることを余儀なくされますが、食事を取るため太ることを心配されています。何か良い方法はないものか、専門家からのアドバイスを集めました。

出産後の体型に悩む女性からの相談:出産後の「運動方法と体型の回復方法」

8歳、6歳、2歳の息子を帝王切開で出産しました。妊娠と出産を重ねているので、それは太りました。帝王切開後は、「絶対安静で動いてはいけない」と言われました。筋力はどんどん落ちる反面、食べるから脂肪はつきます。1ヶ月は自転車にすら乗れませんし、半年は無理な運動はしないように言われました。ただでさえ、食欲がすごい時期に動いてはいけないと言われたのでとても苦痛でした。半年後、ようやく運動を始められましたが、やはり妊娠前の体型には戻りません。帝王切開後の安静期間に工夫できることはあるのでしょうか?(33歳・女性)

安静期間の目的は体のダメージ回復

一般的に、産後約1ヶ月は、妊娠・出産により身体が受けたダメージを回復させるため安静に過ごすように言われています。

安静と指示されて動けなかったのはとても辛かったですね。担当の医師は絶対安静とはどの程度の安静のことを言っていたのでしょうか。帝王切開でも、2~3ヶ月くらいで徐々にいつも通りの生活に戻していくと良いとする医師も多いようです。傷の回復の具合にもよりますので、その都度医師へどの程度の運動が可能か確認することが良いでしょう。(看護師)
出産方法に関わらず、産後約1ヶ月は、妊娠・出産により身体が受けたダメージを回復させるため安静に過ごすように言われています。帝王切開の場合、お腹に傷があるため、お腹に極端に負担がかかるような運動は避けるべきですが、基本的な日常生活での行動制限はなく、普通分娩と同じように産後約1ヶ月の安静を勧められることが多いと思います。(看護師)
質問者様の場合、帝王切開をされているとのことなので、普通分娩の場合に比べて骨盤の開きは大きくないとイメージされがちです。ですが、妊娠中に赤ちゃんを支えるために骨盤や内臓、筋肉などの負担は大きく、消耗していることでしょう。さらに、妊娠中はお腹が大きくなり、運動する機会が減ることで筋力が低下してしまいます。妊娠中に体脂肪が増えますが授乳の備えとして必要な変化です。授乳期間を6ヶ月過ごしていくうちに消費されて妊娠していないときの体重に徐々に戻っていくのが通常です。(看護師)

安静期間でもできる無理のない産後の運動方法とは?

安静期間は体の回復が優先とされます。運動は可能な限りとして、医師と相談しながら身体を動かしていくことが必要なようです。おすすめは産褥運動から始まり、ウォーキングやストレッチなど、毎日少しずつ続けられるようなものが適切なようです。

安静期間中の工夫として、まずは産褥体操をおすすめします。横になった状態でもできる負担の少ない運動で、帝王切開でも負担のかからない小さな動きから始められます。(看護師)
産褥体操では足先の運動から始めて、徐々に身体を動かしてください。適度な運動が産後のリフレッシュと身体のメンテナンスには必要だと言われています。無理な運動をする必要はなく、体調に合わせて自分のペースで始めてください。(看護師)
術後1ヶ月を過ぎればウォーキング程度の運動ができるようになります。今からでも遅くはありません。劇的に痩せるような無理な運動ではなく、毎日少しずつ続けられる運動(ウォーキングやストレッチなど)から始めることをお勧めします。(看護師)
どの時期にどの程度の運動なら可能であるのか、具体的に医師に相談しておくと良かったかもしれませんね。一般的には産後1ヶ月を過ぎれば、ウォーキングやストレッチなどの運動であれば問題ないのではないかと思います。特に妊娠・出産によりゆるんだ骨盤を整える産褥体操は、お腹周りの引き締めに効果が期待できます。(看護師)
また、有酸素運動は脂肪を燃焼しやすい運動だと言われていますのでおすすめです。有酸素運動にも様々なものがありますがラジオ体操など、室内で簡単にできるものもありますよ。(看護師)

安静期間中の運動として産褥体操をおすすめとする回答が多くみられました。また、なるべく負荷が少ない継続的な有酸素運動なども有効なようです。ですが、個人差もあり自己判断での運動は返って悪影響を及ぼすことも考えられます。医師と相談し、健康状態を詳細に把握しながら行うことが必要なようです。


監修者:座波 朝香(ざは・あさか)
助産師・保健師・看護師・タッチケアトレーナー。病院産婦人科での勤務を経て、株式会社 とらうべ 社員。妊娠・育児相談、産後ケアや赤ちゃんタッチをはじめ妊娠・育児講座などに定評があり、精力的に活動中。


2018/11/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)