運動

妊娠中期にお勧めの運動とは?注意点はある?

妊娠中期に入ると、安定期にも入り体重増加が気になってきます。
今回は、体重管理をしたいので妊婦さんでもできる運動方法を知りたいという相談です。看護師さんに妊婦さんでもできる運動と注意点を教えて頂きました。

妊婦さんからの質問:「妊娠中期にお勧めの運動はありませんか?」

妊娠中期に入り、体調も良くなってきたので、家でダラダラゴロゴロとしている生活は良くないと思いますし、元々体を動かすのが好きなので、運動をしようと思うのですが、どのような運動が体に良くて、出産に役立ちますか?
出産前にスクワットをしたり、床ふきや壁拭きをするのがいいと聞きますが、そのような感じで、股関節や足腰を使うような運動がやっぱり役に立つのでしょうか?
どうしても食欲が出てきて、体重管理が難しくなるので、よく汗がかけたり、引き締まりそうな運動が知りたいです。
お腹に支障がないような運動の範囲を教えてください。(20歳 女性)

お腹が張るなどの体調の変化に注意をして運動をします。

妊婦さんには無理のない程度の運動が基本ですが、体力などには個人差があります。
お腹の張りや体調の変化がないか注意をしながら、休憩を取り運動をすることが大切だそうです。

運動は無理をせず、週2~3回、15~30分くらいからで、徐々に体を慣らすようにしてください。休憩を取り入れ、お腹が張る時は運動は控えてください。運動を始める時は必ず医師の許可をとってから始めてください。(看護師)
妊娠中の運動は、競技性の高いもの、お腹に圧迫が加わるもの、瞬発力が必要なもの、転倒の危険があるもの、相手と接触するものは避ける必要があります。お腹に支障がない運動の範囲というものは、個人差が大きく一概にお伝えすることができかねます。(看護師)
お腹の張りを感じた時はすぐに運動を中止し、張りが治まるまでは安静にするようにしてください。安静にすることで張りが落ち着くようであれば問題はありませんが、妊婦健診の時に医師にどの程度の運動までなら可能であるか確認しておくと安心かと思います。(看護師)

妊婦さんにお勧めの運動にはウォーキングやヨガなどの有酸素運動です。

妊娠中は、転倒などの危険がない運動がお勧めです。ある程度の運動はお産にも良い影響があるので、医師から運動を制限されてなければ行った方が良いとの回答です。

マタニティヨガや、プールをつかったエクササイズなどが良いと思います。個人的に行うのもよいですし、最近ではマタニティ向けのスポーツクラスもあります。友人を作りたい、ゆっくりとしたペースでやりたいのでしたらそういった集団クラスで運動してみることもよいと思います。妊産婦体操といって寝たまま骨盤を整える運動がありますのでそちらもお勧めします。(看護師)
下半身や股関節を鍛えることで安産につながると言われており、一般的に妊婦さんには、普段の家事に加え30分ほどのウォーキングが勧められています。ウォ-キングも体調に合わせて早歩きをしたり、時間を伸ばしてもいいでしょう。(看護師)
妊娠中の運動は、有酸素運動や全身を使う運動が望ましいとされています。一般的に妊娠中の運動としてよく行われているものにはウォーキング、エアロビクス、水泳などがあります。妊娠中の身体の状態を整えたり、出産をスムーズにすることに重点をおかれたい場合は、妊婦体操がおすすめです。(看護師)
妊娠中の体重のコントロールは、運動だけでは難しいのが現状です。程度な運動に加えて、食事の内容や時間、間食の回数や内容を見直してみましょう。(看護師)

妊娠中の運動は股関節などが鍛えられるためお産が軽くなりやすいです。
ただし、やりすぎずに体調をこまめに見ながら行いましょう。
また、自分のペースで行いやすいウォーキングやヨガなどが良いと思います。


2018/12/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)