爪噛み

小学生になってから爪を噛むようになった6歳児…止めさせる方法は?

子どもが爪を噛む癖はどうしたら止めさせられるのでしょうか。今回は6歳の男の子についての相談です。小学校に入ってから爪を噛むようになり、何度言っても癖が直らないと悩むママですが、専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

6歳児のママからの相談:「小学生になって始まった爪を噛む癖」

息子は小学生になってから爪を噛んだり、指の先の皮を剥がしたりするようになりました。何度も注意して止めさせようとしているのですが、なかなか止めてくれません。爪はここ3ヶ月ほど自分で噛んでしまうため切っていません。「伸びるといいね」と言い続けているのですが、噛むのが癖になっており、全く伸びてきません。爪噛みについて調べると、親がかまってくれないからと出てくるのですが、一緒に遊んでいる方だと思います。どうしたら止めさせられるか教えて下さい。(30代・女性)

小学生に多い爪噛み。新しい環境が原因に

小学校にあがってから爪噛みを始める子どもは少なくないようです。

子どもの爪噛みは、不安・ストレス・愛情不足などの心理的要因が原因となっていることが多く、小学校入学が契機となり、その緊張やストレスから爪噛みやチックが始まる子は少なくありません。爪を噛むことで心を落ち着かせようとしている自己防衛の一つです。しかし不衛生であり、爪の変形や病気の原因になるため、爪噛みが長期化しないよう働きかけてあげる必要があります。(看護師)
お子さんの癖はどうにか止めさせる方法はないか悩みますよね。私も同じ経験があります。つい「汚いから止めなさい」と注意しがちですが、行動を無理に止めさせることは逆効果です。爪を噛む行動は5~10歳の子どもに多く見られ、退屈な時や何か考え事をしている時が多いようです。(看護師)
爪を噛む原因は精神的なストレスといわれますが、ストレスの深刻さの度合いは人それぞれです。小学生になってから爪を噛むようになったとのことなので、新しい環境の中で感じたストレスを爪を噛むことで落ち着かせているのかもしれません。お母さんがたくさん相手をしていらっしゃるようなので、爪噛み以外に元気がない等の変わった様子がなければ、お子さんのストレスは特別深刻なものではないと思います。(看護師)

焦ると逆効果。卒業までに直すのを目標に

親が止めさせようと焦ると逆効果のようです。気長に見守るのが大切との意見がありました。

爪噛みの癖は、小学生で増えるといわれています。成長の過程で多少のストレスを感じることは自然なことです。無理に急いで止めさせようとすると逆効果になる場合があります。長い目で見てあげて下さい。(看護師)
爪に意識を向けないようにするには言葉で指摘するのではなく、学校が終わった後などたくさん甘えさせてあげたり会話をしたりしながら、学校での緊張やストレスをほぐしてあげましょう。甘えさせたり十分に遊んだりしても爪噛みがすぐになくなるわけではありません。お母さんが意識したり焦ったりしてしまうと逆効果になるため、学校に適応し、ストレスが軽減していくまでは見守ってあげましょう。(看護師)
まずは原因となっているストレスや不安を解消してあげることが大切です。決して怒ったり指摘したりしてはいけません。本人も悪いこと・してはいけないことと分かっていながら無意識に爪を噛んでしまうのです。もし爪噛みが改善せず悪化していく・会話が少ない・部屋から出てこない等、普段の様子に変化が見られる場合は小児精神科や小児心療内科などを受診し、専門医に相談しましょう。(看護師)
爪を噛む癖を少しでも減らすことが出来たらたくさん褒めてあげて下さい。中学生や高校生になっても続くようなら心療内科へ相談してみることをお勧めします。(看護師)
ほとんどの子どもが勉強や習い事など夢中になれることが増えてくると徐々に治まってきます。私の子どももテレビを見ながらよく爪を噛んでいますが、習い事を始めたら少しずつ減ってきました。(看護師)
小学生の子どもの爪を噛む癖は珍しいことではなく、大抵の子は自然とその癖から卒業出来ます。しかし爪を噛み続けることで、歯並びが悪くなったり、爪がガタガタしたり深爪したり、形が悪くなる等の悪影響もあります。(看護師)
思春期以降、特に大人になってからの爪を噛む癖はなかなか直りにくいといわれています。なるべく早く爪を噛まなくなる方が良いですが、癖を直すには時間がかかります。小学生の間に爪噛みの癖を卒業出来ることを大きな目安と考えると良いと思います。(看護師)
まずはお子様に爪を噛むことによるデメリットを説明してあげて下さい。爪噛みで歯並びが悪くなった写真や深爪している写真など、実際に見せてあげると分かりやすいです。お子さん自身が爪を噛むのは良くないのだと理解出来たら、爪を噛みたい気持ちを紛らわせる方法を一緒に考えてあげて下さい。爪を噛みたくなったら頭の中で好きな歌を歌う等、場所を選ばず出来るものがお勧めです。(看護師)
無意識に噛んでしまう場合もありますので、絆創膏などで防止しても良いと思います。どんな方法であれ一気に止めさせようとすると、かえってお子さんがストレスを感じ、反動で余計に止められなくなる可能性もあります。少しずつ短時間からやってみて下さい。(看護師)

夢中になれるものが出来ると徐々に治まっていくようです。爪噛みのデメリットを教え、爪を噛みたくなった時に気を紛らわす方法などを一緒に考えてあげるのが良いとのアドバイスもありました。


2018/11/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)