調査・アンケート

大坂なおみもランクイン!「アスリートイメージ評価調査」

様々なランキングを発表

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング、データスタジアム株式会社と共同でアスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」を2018年10月に調査を実施しました。

全米オープンで日本人初優勝の快挙を成し遂げた「大坂なおみ」がランクイン

アスリートイメージ総合ランキングは、以下の順位でした。

  • 1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
  • 2位:イチロー(野球)
  • 3位:大谷翔平(野球)
  • 4位:大坂なおみ(テニス)
  • 5位:長谷部誠(サッカー)

全米オープンで男女通して日本人初の優勝という快挙を成し遂げた大坂なおみ選手は、「純粋な」アスリート、「親しみやすい」アスリート、「明るい」アスリート、「勢いを感じる」アスリートの複数のイメージ項目で1位に選ばれています。

3位に選ばれた大谷翔平選手は、今期MLBに移籍し、野手として22本塁打を打つなど大きく活躍しました。

「アスリートイメージ評価調査」は、独自に29項目のイメージ評価によるオリジナル調査で、CMキャスティングの際に使用する基礎データとしての活用を主な目的としています。博報堂DYメディアパートナーズでは、今後もアスリートのイメージ評価の分析をしていくとしています。

参考サイト

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ プレスリリース(PRTIMES)


2018/12/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部