話題・時事ネタ

おくすりタイムが楽しくなる!? Web動画「おくすりのめるかな?」公開

子どもの薬嫌いに悩むママ・パパのためのWeb動画

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、Web動画「おくすりのめるかな?」を10月18日に公開しました。
公開したWeb動画は、お薬嫌いなお子さんを持つママ・パパの悩みを解決すべく、「親子のおくすりタイムを少しでも楽しい時間に変えたい」という沢井製薬の願いが込められています。

注目クリエイターが結集して作詞・作曲、歌、絵を担当

このWeb動画は子どもにお薬を楽しく飲んでもらうためのたくさんのヒミツが詰まっています。
作詞・作曲は、CM音楽の巨匠「吉田ゐさお」が担当し「イソップ寓話の“北風と太陽”に習い、お薬を飲ませようと強引に口を開けさせるのではなく、歌を歌う一連の動作の中で自然に口が開いて飲めたらいいなという思いで作りました」とコメントしています。
また歌は中毒性ある歌声で注目のシンガーソングライター「Nakanoまる」さんが、イラストは絵本作家「たちもとみちこ」さんが、子どもがあーん!と思わず口を開けたくなるようなイラストを描いています。

小児科専門医の監修と音声分析のスペシャリストによるお墨付き動画

薬を飲むための最大のハードル、口を開けてもらうためのコツの監修には、大阪母子医療センター副院長「位田忍」先生が担当しました。出来あがった動画は、音声科学・音響心理学のスペシャリスト「鈴木創(日本音響研究所・所長)」さんが分析し、4回同じフレーズが繰り返すため印象に残りやすいなど効果が期待できるとしています。

お口を開けさせるしかけは、楽しい動物たちのストーリー

「おくすりのめるかな?」のストーリーには、まず、小さい“ネズミ”さんが登場します。「せーの!」の声に合わせて口を大きく開けて笑顔でおくすりを飲みます。次はこわがりやの“クマ“さんに天真爛漫な”ワニ“さんも登場しては口を大きく開けておくすりを飲んでいきます。
そして最後に登場するのは、可愛い動物さんでご機嫌になった子ども。「せーの!」の声に合わせて子どもも口を大きく開けておくすりを飲めました。最後はみんなでおくすりを上手にゴックン!というものです。
かわいいイラストの動物たちと一緒にお口が自然に「あ~ん」♪と開いてもらえれば関門突破。楽しいおくすりタイムになるといいですね。

Web動画「おくすりのめるかな?」
「おくすりのめるかな?」Webサイト

参考サイト

沢井製薬株式会社 ValuePress!


2018/12/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部