麻酔

無痛分娩での麻酔のタイミングは?

初めての出産であれば、さまざまな不安を感じるでしょう。自然経腟分娩でなく、無痛分娩の場合、どのようにして出産が進むのでしょうか。麻酔のタイミングも知っておきたいですよね。そこで、専門家に相談してみました。

20代女性からの相談:「無痛分娩の麻酔のタイミングを教えて」

知人が無痛分娩で出産したため、私も無痛分娩を希望しようかと考えています。しかし途中まではかなりかかったと聞きました。麻酔がかけられるのはどのタイミングで、麻酔がかけられるまでにはどのような痛みがあるのでしょうか。自分は痛みにかなり弱いため意識がなくならないかなどとても不安があります。また、少しでも安心できるように家族に立ち会ってほしいです。無痛分娩であっても普通の分娩と同じように家族の立ち会いは可能でしょうか。(20代・女性)

無痛分娩の麻酔には、2通りのタイミングがある

無痛分娩の麻酔のタイミングは、2通りです。陣痛を待つ場合と計画的に進める場合があります。

無痛分娩には、自然に陣痛が来てから麻酔をかけるものと、事前に出産日を決めて陣痛を誘発させ、計画的に麻酔をかけて出産をするものの2種類があります。(看護師)

無痛分娩でも痛みは感じる

痛みの感じ方は個人差が大きいので、無痛分娩であっても、生理痛程度の痛みを感じる人もいるようです。

無痛分娩は麻酔によって陣痛の痛みをやわらげます。麻酔を使うタイミングによっては分娩時間が長引くこともあります。(看護師)

希望の出産ができるよう、きちんと相談しよう

病院によって、無痛分娩や家族の立ち会いができるかどうかは異なります。希望の出産が叶えられるような病院選びをすると良いでしょう。

病院によって麻酔のタイミングが違うこともあります。分娩進行中に麻酔を使用しますが、子宮口の開き具合などや分娩の進行状態を考慮して麻酔を使用すると、分娩進行の妨げになりにくいです。計画的無痛分娩が行える病院なのか、麻酔のタイミングが決まっている病院なのかよく調べてみてください。(看護師)
家族の立ち会いについては病院によって対応が異なります。立ち会いできる場合が多いと思いますが、病院選びをされる際にご確認ください。(看護師)
自然陣痛が起こり、麻酔をする場合であっても、子宮口の開き具合開大など分娩の進行状態に合わせて麻酔を行う場合と、産婦さんが痛みを訴えたら麻酔を使用する場合もあります。(看護師)

無痛分娩には、2通りの麻酔をするタイミングがあります。いずれも、不安を解消するためにも、希望の出産が叶えられる病院を選ぶようにしましょう。

監修者:南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー。株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での勤務を経て、とらうべ 社設立。医療職が企業人として女性の一生に寄り添うことを旨とし、30年にわたって各種サービスを展開中。

2019/01/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)